アマゾン配達員が荷物投げる炎上動画や場所は?デリバリープロバイダーの実態や不信感の声も

京都市伏見区の路上でアマゾンの配達員とみられる男性が荷物を乱暴に放り投げる様子を撮影した動画が6日までにインターネット上に拡散し、物議を醸しています。

アマゾン配達員が荷物投げる炎上動画は?

アマゾン配達員が荷物投げる炎上動画の配達場所は?

京阪電気鉄道の藤森駅近くの本町通で、京都市伏見区深草直違橋348付近の集合住宅の敷地です。

アマゾンデリバリープロバイダーの実態や配達業者について

Amazonの配達業者は?

今回は軽バンで、服装なども自由ということから個人とAmazonが契約しているAmazon Flexの配達員かと思いましたが、募集エリア:関東・愛知・宮城のため、今回問題を起こしたドライバーはアマゾンデリバリープロバイダサービスの配達員だと思われます。

アマゾンデリバリープロバイダサービスとは?Amazon.co.jpと提携している地域限定の配送業者の総称です。TMG、SBS即配サポート、札幌通運、丸和運輸機関、若葉ネットワーク、ギオンデリバリーサービス、ヒップスタイル、遠州トラック、ロジネットジャパン西日本のいずれかが配送します。

Amazon Flex とは、貨トラックや軽バンなどの軽貨物車をお持ちの個人事業主に配達業務を行っていただくサービスです。

出典元:https://flex.amazon.co.jp/

業者の特定などはできませんでしたが、繁忙期であるためアマゾンデリバリープロバイダサービスが委託した請負業者という可能性もありそうです。

 

取材に対し、アマゾンジャパン物流部門の担当者は「アマゾンは配送パートナーとの間に厳格なポリシーを設けている」「このような行為は容認していない」とコメントした。

 荷物が投げ入れられた集合住宅には今月4日にアマゾンの荷物を受け取ったという住民がおり、「荷物の中身はバスタオルなどの日用品で破損はしていなかったが、いい気持ちはしない」と話した。

出典元:京都新聞

デリバリープロバイダーの実態と不信感の声は?