青ダンス(ポカリCM)の振付師は誰で振付や踊り方は?茅島みずきが抜擢で話題に。

人気女優の“登竜門”と言われる『ポカリスエット』CMの新ヒロインとして、長崎県在住の14歳、身長170センチの“大型”新人、茅島(かやしま)みずきさんが抜擢されたことが11日に発表されました。

CMは12日から全国で放映開始される。

『ポカリ青ダンス 魂の叫び』篇は、12日から全国で放映開始。60秒バージョンは、12日テレビ朝日で放送される『世界フィギュアスケート国別対抗戦2019』男子フリー(後7:00~8:57)の放送内で、1回限定で放映される予定です。

今回放送されるポカリスエット新CMの青ダンスについて調査したいと思います。

青ダンス(ポカリCM)の振付師は誰?

こちらのCMは総勢760人がダンスしているポカリスエット新CM「青ダンス 魂の叫び」篇 60秒編です。

こちらのCMの振付師について調査してみましたが、今のところ情報がみつかりませんでした。

ただ、過去のCMについて調べてみたところ、2016年から2018年までは継続してフランス人振付師によってダンスの振り付けをされているということがわかりました。

フランス・パリ在住のCarine CharaireOlivier Casamayou のお2人でされているダンスユニットです。

Olivier Casamayoさんのインスタグラムがこちらです。

HP:http://icouldneverbeadancer.com/

「ポカリガチダンスFES ドローン60秒」篇 2018年

ポカリガチダンスFESを開催。青空の下、総勢4,348人の学生が集まって、練習し、踊ったダンスがCMになりました。

ぼくらの放課後」篇 2017年


約150名の高校生原宿でダンスしています。

「ポカリガチダンス フルバージョン」篇 2016年

過去の2016年~2018年からのダンスを見てみるとコンセプトが似ているような感じがします。

ということで今回茅島(かやしま)みずきさんが新ヒロインが変わりましたが、前回の振付師の方と同じではないのかな?っと個人的に思いました。

ポカリスエット新CMに対する世間の反応

2000年代初頭までのポカリスエットのCMは本当に素晴らしかった あの数十秒間で胸がキュンとしたり締めつけられたのはこのシリーズだけ

あの頃のような演出にして欲しい。
時代を超えて愛される広告が観たい

あのダンス演出はやめてほしい、見てて恥ずかしいものがある。

ダンスが見たいのではない
海やプールで制服だったり水着だったり
青春劇がみたいのに

口角を上げる笑顔の方が良いと思います。

何を伝えたいのか、全く解らないcmだよね。センスがない。

昔のポカリのcmは、若さと爽やかさがあって、素敵だったのに。。

なんだろう、ポカリに一番大事な爽やかさに欠ける。可愛いんだろうけど興味無し感がすごい

思いの外、世間の反応は辛口なコメントが多いようです。おそらく30代、40代、50代の世代などの世代と10代、20代の持つポカリスエットへの印象の違いですね。

今回のCMはティックトックやYotubeやダンス世代である10代や20代向けとなっているように個人的に思いました。

30代、40代、50代はやはり、爽やかさ、初々しさ、青春など、胸がキュンとなるCMと女優さんにはあどけなさや可愛らしさを求めているようにコメントから読み取れました。

2016年~2018年が八木莉可子さんがヒロインとして務めましたが、今回は茅島(かやしま)みずきさんも続編として務められるのでしょうか?

昭和世代としては【昭和】のポカリスエットCMが懐かしく思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です