北海道のアスパラガス盗難事件の犯人は?組織的な犯行か?盗んだアスパラはどうするのか?

北海道で収穫直前のアスパラガス約20キロが盗まれているのが見つかりました。 

12日午前4時半ごろ、北海道中川町のウエムラグリーン農産でビニールハウスで栽培されていた収穫直前ホワイトアスパラ約20キロ、4万円相当が盗まれているのを農場の人が発見されまました。

盗難の犯人は?そして20kgものアスパラはどうするのでしょうか?

北海道のアスパラガス盗難事件の犯人は?

ニュースの続報などを調べてみましたが、残念ながら未だ犯人は見つかっていないようです。

中々広大な農園を監視カメラ等で管理するのは経費や維持費の上でも難しいと思います。

同様な事件が2014年5月17日午前4時半頃にもありました。新潟県津南町の半戸喜光さん(74)の畑で、150kg分のアスパラガスが刈られているのを発見し、新潟県警十日町署に通報した。被害額は15万円相当。一生懸命育ててきたものを横取りされた悔しさは、いかばかりなのでしょうか。

農作物窃盗の認知件数は昨年の2018年の1年間で2694件ありました。

5年前と比べて563件減ったそうですが、1件当たりの被害規模は拡大しており、被害が小さい場合でも放置すれば窃盗犯の思うつぼだといいます。

問題の根が深いのは、手慣れた手口より犯人が同業者とみられるケースが少なくないことだそうです。

今回も収穫直前ということで、アスパラガスの状態などを熟知している時点で同業者の可能性が高いのではないでしょうか?

盗んだアスパラはどうするのか?

ただ、盗んだ農作物を売買できるのか?という疑問がありますが、卸売市場によっては、一般人でも農作物を持ち込み、自分の名前を伝票に書き競りにかけ、代金を受け取ることが簡単なところもあるようです。

意外にも本人確認もせず偽名でもよいという場合もあり、そうなると一体誰から物を購入したかというところも曖昧になってしまうようです。。このような市場ばかりではないと思いますが、このような市場が犯人グループや組織などへ盗品のさばき口というルートと与えて被害に加担していると言っても過言ではありません。

今後の市場の在り方として、生産者管理という観点を見直していく必要性がありあそうですね。

アスパラ盗難事件に対しての世間の反応は?

こういうの最近増えた気がするな。 収穫できるまでの苦労を知らないね。

農作物の盗難が年々増えている。盗んだ物を流通するルートがあるんだな。 アスパラガスを収穫するために5年必要だとは知らなかった。

今回のアスパラは「5年」かかってるんだって。 盗った物って別の形で流通させるのか? だとしたら犯人も農家なのか? こういう場合「保険」みたいなものってあるの? 農業に接していないと細かな内容が判らない。 いつもモヤモヤ感だけが残る

あれだけ苦労してできるホワイトアスパラがこの金額にしかならないことにも衝撃を受けた (ToT)
 
犯人は一生刑務所で農作物を作り続ける刑に処してほしい 農業従事者をバカにするにも程がある
アスパラ盗まれる。 万引きと同じで持って行きやすい。 良いものは、刃物使わなくてもパキッと折れるからなおさらとりやすい。 育てるの大変なのに…と親類のおじさんが悲しい顔で言ってた。
 
ホワイトアスパラガスの生産には5年もの時間と手間暇がかけられているのですね。
北海道産が高い理由が納得できました。
 
それにしても今回のような事件は日常的に大々的には報道されておりませんが、今回の記事で色々と調べてわかったのは農家の方々にとっては日々頭を悩ませている深刻な問題のようです。
 
 
これ以上生産者さんの努力を踏みにじらないで欲しいです。
組織的な犯行という可能性も高いようなので、1日でも早く犯人が捕まって欲しいと願うばかりです。
 
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です