MENU

コロナウイルスとコロナビールの関連性は?病名の由来についても

2020 2/29

 米FOXニュース(1月31日付電子版)などによると、驚いたことに現在、中国を中心に世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスとコロナビールに何らかの関連があるのではないかと思っている人が世界中に数多くいるようです。

関連性や名前の由来などについて調べてみました。

目次

コロナウイルスとコロナビールは関連があるのか?

Googleの検索データは、一部の人々が致命的なコロナウイルスに混乱していることを示唆しています。

Googleトレンドのデータによると、米国では「ビールウイルス」と「コロナビールウイルス」の検索が過去1か月で急増しています。ニューメキシコ州が「ビールウイルス」の検索を主導しましたが、「コロナビールウイルス」に対する検索の関心はオレゴン州で最大でした。

もちろん、メキシコのビールはコロナウイルスとは何の関係もありません。ただし、Google検索ユーザーは、ウイルスについての深刻な質問に対する回答も求めています。

出典元:foxnews.com

コロナウイルスの病名の由来について

コロナ (Corona) とは?

太陽の周りに見える自由電子の散乱光のこと。もしくは、太陽表面にあるもっとも外縁にある電気的に解離したガス層[。「太陽コロナ」との呼び方もある。

  1. ラテン語で王冠を意味する言葉。
  2. 天体現象のひとつ。天体などの周囲に広がって見える発光体。 → 光冠
  3. 太陽大気の最外層。皆既日食の時、太陽の周りに真珠色の淡光として見える。
  4. 花冠のこと。
  5. 医学用語でカリ首のこと。

出典元:Wikipedia

コロナウイルスの名前の由来は?

ウイルスを電子顕微鏡で拡大して見ると、表面から花弁状の突起が出ており、それが太陽のコロナのように見えること。コロナは皆既日食などの際に見える、あの放射状の光だ。

出典元:日刊ゲンダイ

コロナウイルスのコロナの意味は4番の花冠のこと。を差すと考えられます。

コロナビールの名前の由来は?

コロナビールはモデーロ社(Grupo Modelo)が製造するメキシコのビールの銘柄です。

パッケージを見てもわかるように王冠がラベルにも印字されています。よってコロナなビールの名前の由来でははっきりした由来はわかりませんでしたが、

  1. ラテン語で王冠を意味する言葉。として使用されています。

ネットの反応は?

 

 

目次
閉じる