餃子の王将のイメチェンとは?売上回復の起爆剤はこの2つ!!!

男性はよくお世話になっている人が多いイメージの餃子の王将ですが、餃子の王将がイメージチェンジをしたというTVの特集である【ゲンバビト】で放送されていました。

確かに餃子の王将=男性、サラリーマンっというイメージですよね。

放送を見て女性の私も思わず「行ってみたい!」っと深夜に思ってしまったほどです。

今回はそんな餃子の王将のイメージチェンジとなった2つの起爆剤について記事にしたいと思います。

王将イメージチェンジの復活の起爆剤は?その1

大藪一郎さんが道場長として務める「王将調理道場」回復への起爆剤となった要因の1つです。京都市にある餃子の王将の本社・王将フードサービスの本社の隣に2018年1月できた調理道場で全国約730店舗の味が支えられていると言っても過言でありません。

引用元:@genbabito

餃子の王将では各店舗で仕込み、調理するので味にバラつきが各店舗であるそうです。その点を改善するために全国の店長が入れ替わりで3か月から半年に1度この道場に集まり、徹底的に「王将の料理」について学ぶといいます。

ここでの指導が全国の店舗の味のレベルを上げ、異例の売上げの伸びにつながったそうです。料理の作り方や味はもちろんですが、【心を磨きに来る場所】としても紹介されていました。

【料理は心】

幸せなことに安くて、美味しいは当たり前の時代。すでに沢山の餃子の王将ファンがいる中で「王将調理道場」を作り今まで以上に料理に対しての【情熱】と【心】を込めた事が売上の起爆剤ですね。

王将にイメージチェンジの復活の起爆剤は?その2

2つめの売上復活の起爆剤はニューコンセプトのお店【GYOZA OHSHO】です。

王将=男性のイメージを覆す。ということに成功したコンセプト点ですね。

今までの【餃子の王将】の客層の約8割が男性というところから【GYOZA OHSHO】では6割が女性ということで見事新たな客層である女性客の獲得に成功しています。

【GYOZA OHSHOのHP】引用元:https://www.ohsho.co.jp/concept/gyoza-ohsho/

引用元:https://www.ohsho.co.jp/concept/gyoza-ohsho/

  • 女性が居心地の良い空間づくり。
  • 掃除は手を抜かない。
  • テーブルに置かれているものもオシャレ

女性目線で徹底的に店舗作りされていました。料理も国産野菜を使ったメニューなど、ヘルシーさを前面に出しています。

餃子の王将=ガッツリ男飯っというイメージでしたが、300円程度で「麻婆豆腐」「ニラレバ炒め」「酢豚」といったおなじみの中華料理が楽しめ、ジャストサイズなら、餃子は3個で130円など、物足りなくてもう1品追加したい時や色々頼みたい女性には嬉しい柔軟なメニューとなっています。

またジャストサイズはHPにもありましたが下記のような客層にもバッチリです。

  • 平日おつかれお父さん…ちょいの飲みのおつまみとして
  • 中華で女子会お母さん…ちょこちょこ頼みながら
  • 家族でワイワイ嬉しいボク…お子さまメニューとして

女性客だけでなくファミリー層の心も掴んでいますね!!!

オシャレなのにお値段はリーズナブルなままというのも嬉しいですね^^

現在は京都、芦屋、名古屋、東京と6店舗の展開ですが今後全国にもっと増えて欲しいです!!!

テレビ放送後の世間の反応は?

っという事で私と同じように餃子のの王将が食べたくなった人が多数です!!!

女性の私にしては、コッテリ油っぽいっというイメージだったので起爆剤の2つ目であるニューコンセプトの【GYOZA OHSHO】デビューをしてみたいと思います。でも残念ながら近くにはないのでひとまず【餃子の王将】へ近々行きます!!!

このような感じで【餃子の王将】へ行かなかった女性が【GYOZA OHSHO】のコンセプトや店舗を知ることによって、今までの【餃子の王将】のイメージが変わり、【餃子の王将】へ以前よりも足を運びやすくなるのではないでしょうか?

企業は理念や想いをしっかりお客様に伝え、私たち客側も企業側の努力や知る事って大切ですね。今まで以上に美味しく食べれそうです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です