【ハライチ岩井】がトレンドワード入りしたのは何故?理由や原因は?同窓会の話や共感を集めた名言についても

著書『僕の人生には事件が起きない』(新潮社)を上梓し、増刷を重ねるなど活躍の幅をますます広げているハライチ岩井勇気氏。

ついにtwitterでもトレンドワード入りするほど、世間から共感を集める発言に注目が集まっています。

ハライチ岩井がトレンドワード入りしたのは何故?理由や原因は?

今回トレンドワード入りした理由は、エッセイ本「僕の人生には事件が起きない」が発売されたことで雑誌のインタビューに応じ、それが検索サイトのトップページに上がったことから突如、「ハライチ岩井」がトレンドワードに急上昇したということがきっかけです。

そもそも、以前から歯に衣着せぬ言い方が、わかりやすい、気持ちいいと共感を得る発言を数々しており、今回のインタビュー記事である「今時、同窓会に参加する人」の正体でもまた共感を集めています。

“飲み会嫌い”なのに芸能界で生きているのか?

岩井:確かに、芸人の世界には「先輩と飲むことは大切」という価値観があるし、実際に飲みに行かない後輩に「付き合いが悪い」と苦言を呈する人もいます。でも、売れている芸人はそんなことは言わない。逆に、「酒に付き合え」と口うるさく言っている人はすぐに消えてしまうことが多いように思う。僕は、芸人は飲みに行く時間があるなら家でネタを作った方がいいと考えている。飲みばかりを大事にしている人はたいがいネタが面白くないですし。実際、売れている先輩は、そんなに頻繁に飲む人はあまりいません。飲みの場があったら大事にされますけど。

岩井:ならば、まず「チャンスを生かせる力」を磨いていた方が効率的だと思うんです。確かに芸人には「面白さ」と「社交性」の両方が必要です。でも、「面白さ」によってテレビに出てくると「社交性」も付いてきますが、「社交性」を先に上げても「面白さ」は付いてこない。みなさんどう思われているか知りませんけど、僕も意外と社交的なんですよ。

岩井尊敬する先輩との食事はほぼ行きます。いろいろ学ぶチャンスですから。それに僕、1人でご飯を食べるのが苦手で、毎回、誰かと行くようにしています。自分から先輩や後輩を誘うことだってあります。

出典元:日経ビジネス

同窓会も、自分で考えて行きたければ行けばいいし、行きたくなければ行かなければいいという話です。

ハライチ岩井の毒舌ネタ動画集

 

ハライチ岩井の発言に対するネットの反応は?