飯森裕次郎容疑者のSNSや経歴は?犯行動機、目的や計画性についても

大阪府吹田市の大阪府警吹田署千里山交番前で16日早朝に巡査が刺され拳銃が奪われた事件が起き、6月末にG21があり、警備体制などにも神経質になっている大阪でショッキングな出来事が起こりました。

約1日間の逃走の末、逮捕された飯森裕次郎容疑者ですが、今回の事件の動機や目的は一体なんだったのでしょうか?

飯森裕次郎容疑者のSNSや経歴は?

小学校、中学校、高校は関西に在住という情報とFacebookの卒業年が一致することから、おそらく飯森裕次郎容疑者のFacebook間違いないでしょう。

飯森裕次郎容疑者Facebook

飯森容疑者と小学校と中学校で同級生だった男性によりますと、数日前に突然、フェイスブックで、飯森容疑者だという人物から、「年賀状を送りたいので住所を教えてほしい」というメッセージが来ました。

男性はアカウントの乗っ取りを疑い、本人だと証明するよう求めたところ、自分を撮影した画像を送ってきたということです。

その後、男性は電話をかけて会話をし、その際、飯森容疑者は「最近、つながりが薄くなっているので濃いつきあいがしたい。年賀状を書こうと思っている」と話していたということです。

会話した際はとくに不審な様子はなく、同じようなメッセージを、同級生50人ぐらいに送ったと話していたということです。

こちらのFacebookから同級生にコンタクトを取っていたようですね。同級生の人数などからも間違いないと思われます。

InstagramTwitterなどの各SNSも調べてみましたがみつかりませんでした。

小学校の頃に今回事件を起こした吹田付近に引っ越しして来て、小学生から高校を卒業するまで吹田市の現場近くで生活していたということです。

また同級生の話によると中学校ではサッカー部に所属し、明るい人気者だったそうです。ただ、高校に入ってからは持ち味だった華やかさがなくなったようなのでこの辺りから何かあったのでしょうか?

まだ動機の解明はされておりませんが、今回東京ではなく、青年期を過ごした街で起こした動機がとても気になります。

飯森容疑者の経歴や職歴は?

飯森容疑者は大学を卒業後、東北地方の民放テレビ局で仕事をしたがなじめずに辞めたようです。
その後、東京に戻り事件直前までは品川区内のゴルフ練習場で仕事をしていたそうです。

自衛官をされていたのはこの間の間ではないかと思われます。

飯森裕次郎容疑者の犯行動機、目的はや計画性は?

事件の概要

逮捕の現場や状況

飯森容疑者に似た人物が吹田市に隣接する箕面市今宮のコンビニエンスストアの防犯カメラに写っていたことから警察は箕面市の山間部に逃走している可能性もあるとみて、行方を捜していたようです。

その結果、箕面市の山中で飯森容疑者を見つけ、ベンチにリュックを枕にして横たわって目をあけていた飯森容疑者を前6時半すぎに強盗殺人未遂の疑いで逮捕したということです。

捜査員が名前を尋ねると「飯森裕次郎」と答えたため、逮捕に至りましたが、それ以外のことは、問いかけても何も話さず黙秘しているということです。

また奪われたとみられる拳銃は袋に入った状態で、ベンチの下に置いてあり1発発射した痕跡があるということでした。

ニュースの報道などをまとめてみると、事前に予兆などの計画があった可能性が高いと考えられます。ただ犯行時、逮捕前と普通に交番などの防犯カメラにも映っており、犯人の特定に際してはその映像を公開した結果、父親から報道を見た飯森容疑者の父親から、『うちの息子ではないか』との情報が寄せられたそうです。

逮捕前も同様コンビニエンスストアの防犯カメラの映像のおかげで逃走範囲を絞り込めたと言えるでしょう。

今回の事件後の逃走範囲についても、関大前駅から北千里駅という飯森容疑者が馴染みある土地という狭い範囲だったことも現在の調べでわかっています。

この日は関西大学でオープンキャンパスなども行われる予定でしたが、中止になっていたのでこの犯行までの経路を見ても発砲など大事に至らなかったのが不幸中の幸いといえるでしょう。

計画性はあるが完全性にかける今回の犯行ですが、犯行の目的は、G20なのではないかとの声もあります。

一方では昨今の事件同様に父親関係性も今回の事件への関連が深いという声などもあります。

飯森裕次郎容疑者へのネットへの反応。