泉の広場の少年像のオークションへの入札や購入方法は?売却額は寄付?修繕費?いくらでば売却されるのか?

今年5月に撤去された大阪・梅田の「泉の広場」のシンボルである少年の像がオークションで売却されることになりました。

それオークションに出しちゃうの?っという驚きの企画が話題となっています。

泉の広場の少年像のオークションへの入札や購入方法は?

<オークション内容詳細>
【入札期間】 2019年8月20日(火)~9月11日(水)
【入札会場】 1.サニーテラス、2.りそな銀行内
【入札方法】 ホワイティうめだ」内の2カ所の特設会場(サニーテラス・りそな銀行内)に設置した入札BOXに入札用紙を投函することで参加が可能です。

ご応募いただいた入札理由(エピソード)の中から、抽選で合計30名様に「泉の広場撤去記念切手」をプレゼントいたします。
落札できなくても記念切手をもらえるチャンスも!

【入札条件など】
※満18歳以上であること。
※未成年者が入札を行う場合は、事前に保護者等の法定代理人の同意を得ていただく必要があります。
※少年像の引き取り先が近畿2府4県のいずれかであること。
また、運搬が困難な場所はお断りする場合があります。
※日本語を理解し、読み書きができること。
※事務局からの「落札意思確認」のお電話にご対応いただけること。
※泉の広場の少年像に思い出や愛着があり、落札後も大事にしていただけること。

引用元ホワイティうめだ公式HP

オンライン上などからの応募方法はなく、設置した入札BOXに入札用紙を投函するので足を運ぶ必要があるようですね。

記念切手欲しさに応募する人自体は多くなることが予測できます。

少年像のプロフィール

  • 高さ:92センチ(台を含む)
  • 重さ:約100キロ
  • 材質:大理石製。
  • 生産国:イタリア・ミラノの工房がデザイン。
  • 5体あったうち、最も状態の良い1体を売却

 

少年像の売却額は寄付?修繕費?いくらでば売却されるのか?

気になる売却額の使い道ですが、修繕費の補填に使われるのか?っと思いきや全額、赤い羽根共同募金に寄付されるそうです。

入札額のアンケート対する価格は?

「もし自分に手持ちがあるなら100万円〜200万円くらい。」

「1000円くらい。」

「150万円までなら。」

など、今の所は数百万円という価格を答える人がチラホラという感じのようです。

どのような人にどのような目的でいくらで落札されるのかがとても楽しみですね。場合によっては関西の話題になりそうです。

また面白い展開になりそうであれば追記したと思います。

泉の広場の少年像のオークションへ対する世間の反応は?