地味ハロウィンとはいつからできたのか?主催者や生みの親は?ツイッターで地味に話題に。

ハロウィンで渋谷が賑わいニュースになっている中、地味に話題となっているのが【地味ハロウィン】です。

あまり聞きなれない、【地味ハロウィン】というフレーズですが、じわじわと数年前から浸透してきているようです。

今回はそんな地味ハロウィンについて気になる点についてまとめていきたいと思います。

地味ハロウィンとはいつからできたのか?主催者や生みの親は?

地味ハロウィンの生みの親はこちらの『デイリーポータルZ』さんです。2014年に阿佐ヶ谷のスナックで開催したら、地味なんですけど面白くて(笑)」。2018年には参加者が800人を超えたそうです。

地味ハロウィンが各地で急増した理由は今年8月に『デイリーポータルZ』で「地味ハロウィンをどんどん開催しちゃってください」という記事を出したことがきっかけだ。

これまで、「地元で地味ハロウィンを開催したい」という問い合わせが来ており、全国でいろんな人が楽しめるように地味ハロウィンの名前を独占せず誰でも使えるようにしたのだという。なんとも太っ腹な姿勢に感銘を受ける。

出典元:https://www.lmaga.jp/news/2019/10/78851/

DairyPortalZ公式HP

デイリーポータルZは無料の娯楽サイトです。自分たちが興奮したことだけを載せています。それはあまり知られてない場所や料理だったり、自分で考えた工作作品だったりジャンルを問いません。世の中のトレンドはあまり意識していません。と説明がありました。

今年の地味ハロウィンは?

10/26放送のクレヨンしんちゃんでも

地味すぎて伝わらないコスプレコンテストということで、ハロウィンにちなんでコスプレの内容でした。

まさか、これが地味ハロウィンだったとわ(笑)

地味ハロウィンに対する世間の反応は?

ネットの声
新しいハロウィンの過ごし方として、浸透していくのかな?地味に面白い!