加藤紗里は養育費を請求はできる?子どもの本当の父親は一体誰なのか?

タレントの加藤紗里が妊娠していることが18日判明いたしました。

今月10日、7歳年上の会社経営者と3カ月あまりでスピード離婚したことを公表したばかりでまたもや妊娠告白動画でも炎上しております。

さらに養育費も請求しているということで、今回親権や養育費など気になる点についてまとめていきたいと思います。

加藤紗里の妊娠で養育費請求はできるの?

9月25日に結婚し、妊娠発覚は「10月末〜11月ごろ」とも説明。その当時「夫の過剰な束縛により、夫婦関係は極めて悪化していた」と話したが、子供の父親について「元夫です。DNA鑑定を受ければ、間違いなく証明できる」とした。

親権については「元夫側は求めてきていない」と主張。離婚協議を進める中で、元夫に「養育費として支払い可能な額面と、支払期間の提示を求める書面を弁護士の指導で作成し、手渡しした」と話したが、元夫側から「返答が来ていない」と説明した。今後も協議を続けるという。

出典元:スポニチアネックス

今回のキーポイントは離婚後300日問題です。

離婚後の妊娠の場合は親権は母親です。

親権については、民法で「子の出生前に父母が離婚した場合には、親権は、母が行う」(民法819条3項)と規定されています。

  • 財産管理権:子どもの財産を管理し、子どもが単独で行うことのできない法律行為を代わりに行うこと
  • 身上監護権:子どもと同居し、身の回りの世話などを行うと共に、教育などを行うこと

ただ、双方の話し合いや協議によって出生後に話し合いによって、親権者を父親と決めることも可能です。

離婚後の子どもの戸籍はどうなるの?

離婚後300日以内に生まれた場合は、前の夫の子どもと推定されます(民法772条は1項で「妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する」ことを規定する。)

法律上結婚していた夫婦の間でできた子ども(嫡出子)」として、結婚時の戸籍に入ることになります。

離婚後300日以内に生まれた子でも、何らかの事情により真実の父ではない場合などは、家庭裁判所に「親子関係不存在確認」の調停を申し立てる必要があります。そこで親子関係がないと判断されれば、母親の戸籍に入ることになります。
また、平成19年5月からは、離婚後300日以内に生まれた子のうち、医師の作成した「懐胎時期に関する証明書」が添付され、推定される妊娠の時期で最も早い日が離婚後であれば、前の夫が父親とはならない出生の届出が可能です。

出典元:法律事務所オーセンス

子どもの養育費の請求権は?

離婚後300日以内に生まれた子どもであれば、前夫の子どもと推定されます。

法律上における「親子」となりそのため、養育費の請求は可能です。

当事者で協議し、まとまらなければ調停や審判で決定することになります。

しかし、子どもが自分の子ではないと発覚した場合、夫が子の出生を知ったときから1年以内であれば、「嫡出否認の訴え」を提起し(民法777条)、これが認められれば法律上も親子関係を否定することができます。

おそらくDNA鑑定の結果次第で養育費が支払われない場合もあり得るということです。

加藤紗里の子どもの子どもの本当の父親は一体誰なのか?

スタッフから父親について聞かれると、「それはわからないですね。離婚してたんで『誰の子や?』という声は殺到すると思う」と話し、さらに問い詰められると「……(元)旦那の子ですよね?」と言葉を濁す一面も見られた。

出典元:AERA.dot

出産予定日は6月から7月ということですので、現在はすでに安定期ということですので妊娠5ヵ月(妊娠16週)頃かと思われます。

スポーツ紙の報道などからは「元夫が父親」という形で報道されている内容もありますが、Youtube動画を見る限りでは父親が誰かという確信もない様子です

養育費の争いの為ではなく加藤紗里自身が子どもの本当の父親をきちんと把握するためにもDNA鑑定を受けそうですね。

結婚、離婚、妊娠全てYotubeで報告を行っているので、また炎上狙いでYoutubeで父親発表などとお騒がせ動画をアップという可能性もありそうです。

加藤紗里の妊娠発表は演技でやらせ?妊娠後も飲酒、喫煙で批判や心配の声も

2020年1月20日

ネットの反応は?