川崎登戸通り魔事件の犯人の顏画像や名前や動機は?公表されない理由は?

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸(のぼりと)新町の路上でスクールバスを待っていた小学生らに男が近づき、刃物で次々と刺しました。

小学生16人と近くにいた成人2人の計18人が襲われ、小学6年生の女児と別の小学生の保護者とみられる30代男性の計2人が死亡。40代女性1人、小学生女児2人の計3人が重傷を負いました。

110番で駆けつけた神奈川県警の警察官が、刺したとみられる男を確保。男は自分の首を刺しており、搬送先の病院で死亡が確認されています。

現場の状況から通り魔事件の可能性があり、県警は殺人の疑いで捜査している。

川崎登戸通り魔事件事件の動機は?

男は自分の首を刺しており、搬送先の病院で死亡が確認されています。

亡くなっている以上は、全て今回の事件の行動などから動機なの解明が難航しそうですが、ニュースの情報などからも躊躇なく自身の首を切ったと報道されています。

無差別殺人?

拡大自殺?

っという風にニュースでも報道されていました。

見えないところで共犯者もいる?固定概念に囚われず警察は動機解明に向けて、家宅捜索など引き続き捜査を行っていくようです。

犯人の顏画像や名前や動機は?公表されない理由は?

現在、犯人の身柄は確保したものの、自殺を図り犯人は死亡しています。

自宅の住所なども特定していることから、個人の特定はできているにも関わらず何故、顏画像や名前が公表されないのでしょうか?

2001年の附属池田小事件や2008年の秋葉原通り魔事件など無差別の事件に関しては過去このような悲惨な事件がありました。

秋葉原通り魔事件については、そのあと加害者側家族である弟さんが自殺をされ亡くなっています。

今回のようなセンセンショナルな事件だからこそ、加害者側の家族の人権などを守るためにもSNSやネット利用が拡大している現在は安易に報道すべきではないという点からではないのかと思います。

もちろん、犯人は許されない罪を犯しましたが、報道に誤りでもあった場合を考えると様々な観点から慎重に捜査しているからこそ一通りの捜査が終わるまでは公表しないように思います。

川崎登戸事件のネットの反応

まとめ

テレビでもニュースキャスターの方が言葉を詰まらせるくらいの川崎登戸事件。

本当に痛ましく、こんなに閑静で平穏な街でこのような事件が起きるとはだれも予期していなかったと思います。

犯人は死亡してしまい、はっきりした動機もわからないままで、被害に遭われたご家族の気持ちを考えると胸が痛みます。

何よりも今回の事件の現場を目の当たりにしたお子さんの心のケアもこれから大切になってきますね。

小さな子どもにこのような心の傷を負わせた犯人が本当に憎くてなりません。

重症の方の無事に回復されるのを願うとともに、亡くなられた女の子と男性のご冥福をお祈りしたいと思います。

本日も最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です