東寺こまどりの岡田凌店長がイケメン。予約バックレ被害報告がツイッターで広がり話題に。

京都で新たにオープンした和食店で、いきなり「予約バックレ」被害があったと店舗ツイッターが報告し、同情と応援の声が相次いだ。

 店長の男性は22歳で念願の自分の店を開いたその日に起きた理不尽な出来事に心を痛めている。

またTwitterでも沢山のリツイートなど拡散され、当日は予約バックレ事件知った他のお客さんがお店に駆け付けたという。

今回はそんな東寺こまどりさんと店長の岡田凌さんについて記事にしたいと思います。

東寺こまどりの予約バックレ被害報告の投稿

予約の電話が入ったのは当日の3日。7000円のコース料理が10人分で、金額にして7万円。店内に入るのは20人程度のため店全体の約半分の席を確保していたことになるが、その甲斐虚しく客は来なかった。

開店前の3日昼には「本日グランドオープンです!!」として、この日仕入れた新鮮な魚介類の写真をアップ。

「すっっごいのきましたよ」と開店祝いの花が届いたことを喜んだ。

そんな矢先にいきなり襲った「バックレ」被害には、他のユーザーから予想外にも沢山のエールが殺到したといいます。

東寺 こまどりの場所は?

  • 〒601-8424 京都府京都市南区西九条川原城町4
  • TEL:075-672-8577
  • 営業時間:18:00~24:00
  • 定休日:日曜日

Facebookより予約が可能なようです。

https://www.facebook.com/touji.komadori/

東寺こまどりの岡田凌店長は?

岡田凌さん 22歳

若干この若さで店長を任されるなんて凄いですね。TVでお話されている姿も爽やかで愛想もよくイケメンでしたので常連客などから愛されるお人柄ではないでしょうか?

実家が飲食店をやっていたという岡田さんは、幼いころから料理に親しみがあったそうです。「中学卒業後に実家の手伝いをして、勉強させてもらいました。18歳からは色々なお店で修業させてもらいました」といい、22歳にして念願の自分の店を持つに至ったようです。

しかし「オープン当日にやられましたね…」。他にオーナーはいるが従業員はおらず、店は当面1人で回す予定。朝7時から準備、昼営業後2時間ほど休憩を挟み、夜は24時ごろまで開く。片付けなどを終えるのは午前2時ごろという。

根っからの料理人という感じでしょうか?これからがさらに楽しみな料理人さんですね。

東寺こまどりの投稿に対するネットの反応

まだまだ店長として修業の身のようですが、オープン当日の今回の件でまた料理人としても店長としてもどう対応するのか?っという上で良い経験になったのではないでしょうか?

冷やかしなのか?嫌がらせなのか?

今回は一見ピンチに見える出来事を見事チャンスに変えた出来事ではないでしょうか?

誠心誠意込めて、日々料理をしてこられたからこそ、今回のような出来事があっても善意ある人々に助けてもらえるのだと思います。

これからも東寺こまどりさんと岡田店長を応援したいですね。

また1日も早く犯人が捕まることと、今後2度とこのような事件が起こらないことを願いたいと思います。

本日も最後までご覧くださりありがとうございました。