婚活6年で『結婚できない男』は悪いのか?意外と多い婚活難民を抜け出す方法は?トレンドワード入りでネット民の意見多数!

「婚活6年、それでも結婚が決まらない45歳男性」のストーリー。そして、彼は……。というタイトルの東洋ONLINEの記事がTwitter上で凄い反響を得ています。

これだけ反響があるということはこれが社会的にも同じような悩みや問題を抱えている人がいるという証拠でしょう。

今回はそんなツイッターに集められた様々な意見をまとめていきたいと思います。

婚活6年で『結婚できない男』は悪いのか?

まさに!『継続は力なり。』ということで、これだけ粘り強く婚活できるということは結婚後は婚姻生活も長くできるのでは?

たしかに。。。単なる活動として動いている可能性もありますね。

『ルーティンワーク』になっている人も少なくないのでは?

『時間をかければ、お金をかければ。。。』それは単なる男性の自己満足にしかすぎません。お互いの時間の共有を心地よくできるのか?ということが大切ですね。

運を上げることと、出会いの母数を増やすことが大切なのかもしれません。

普段から、人や物、自分自身を大切にする心も大切ですね。きっとそんな人だとご縁も1つ1つ大切にしてくれそうですね。

年数ではないですね。結果最愛のパートナーに巡り会えば何年かかってもいいのでは?

ヤバイと思っているのはまだ大丈夫な証拠なのかもしれません。

確かにごもっともなご意見。

意外と多い婚活難民を抜け出す方法は?

結婚に対する価値観も多種多様。家族の形も様々です。

結婚してもしなくてもその人らしく生きる事がこれからの時代さらに増えてくる時代背景なのではないでしょうか?