小手伸也が妻の妊娠中に独身偽装不倫で離婚の可能性は?不倫相手や奥さんや家族についても

俳優・小手伸也のファンとの不倫疑惑が9日、『週刊文春』(文藝春秋)のニュースサイト「文春オンライン」で報じられ、ネット上で話題になっています。

今回は小手伸也について気になる点についてまとめていきたいと思います。

小手伸の独身偽装不倫について

このような形で週刊誌の記事に対して謝罪文もすでに発表されています。

小手伸也が独身偽装不倫で離婚の可能性は?不倫相手や奥さんや家族についても

早稲田大学演劇サークル出身で2016年の『真田丸』(塙団右衛門役)で注目を集め、2018年には『コンフィデンスマンJP』『SUITS/スーツ』に出演しアクが強い詐欺師を演じ、“遅咲きのシンデレラおじさん”として一躍ブレイク。2019年の今期クール新ドラマの出演やバラエティーなどにも引っ張りだこの個性派俳優です。。

2019年1月のしゃべくり007では、2011年に結婚し子供がいることを明かしていました。

奥さんについては調査しましたが、2011年に結婚ということしか発表さえておらず、2019年のバラエティー番組出演時点でお子さんは2歳だとお話されていました。

不倫相手について

関東近郊在住の遠藤裕美さん(仮名)によれば、小手は2017年1月、ツイッターを通じ遠藤さんを食事に誘い、「彼女も奥さんもいない」と語った上で、複数回にわたりホテルで関係を持った。翌年5月、小手は、「そばに大切な人が出来ました」などと遠藤さんにメッセージを送り、一方的に別れを告げたという。

 遠藤さんは「週刊文春」の取材に、「当時は、二股をかけられていたのか、結婚するような彼女でも出来たのかと思い、悲しかったけど、諦めました。彼が出演したバラエティ番組で嘘に初めて気付き、騙されていたことを知りました」などと答えた。

出典元:週刊文集オンライン

不倫相手とは2017年1月から2018年5月までの関係なのでもしかすると奥さんが妊娠中に不倫されていた可能性もありそうですね。

ただ、一方的に別れを告げられて、数カ月後バラエティー番組で結婚して、子どももいることを知って今回不倫関係にあった女性は傷つき怒りを抑えられなくなってしまったようです

1年前以上の出来事とはいえ独身偽装不倫というのは完全にアウトですね。

今回の一件の対応によっては今後のお仕事にもかなり影響が出てきそうですね。

小手伸也の不倫報道に対する世間の反応は?