大阪府守口市『光研化成』の火災の原因は?ウレタンが燃え、近隣住宅への被害状況は?

大阪府守口市にある『光研化成』の工場で火災が発生しました。

工場や近隣の住宅で全焼する家屋もみられるものの、幸い、死傷や負傷者は出ずに事なきを得ました。

今回の火災の原因は一体何が原因だったのでしょうか?

大阪府守口市『光研化成』の火災の原因は?

現在、詳しい出火原因はわかっていないようですが、大量の煙が上がったため、工場内で加工しているウレタンやゴムなどが燃えた可能性があると現場検証をすすめているようです。

【火災事故例】

硬質ウレタンフォームの火災事故は、ウレタンフオーム施工中の火事ではなく、施工後に溶接溶断作業がおこなわれた場に発生しているのがほとんどです。止むを得ない事情で火気を扱う場合は、ウレタンフォームに火花が飛ばないように、不燃シートで覆ったり、フォームを切り取るなどの万全の防災対策を講じます。しかし.これらを怠ると火災を引き起こす原因となります。

ウレタン自体から自然に発火することはないので、何らかの火種がウレタンに燃え移り、今回の火災になったと考えられますね。

大阪府守口市『光研化成』の火災の発端から消火までは?

23日午後5時50分ごろ「火の手が上がっている」と近所の住民から通報がありました。

工場は通報の約20分前に操業を終えていて、当時、工場の中には従業員1人が残っていたが無事だったようです。

火は住宅にも延焼しましたが、2時間半後にほぼ消し止められています。
 

大阪府守口市『光研化成』の火災の負傷者や被害は?

 
消火活動にあたっていた消防隊員1人が気分が悪くなったと訴え病院に運ばれています。
 
ほかにけが人や逃げ遅れの情報などは現在はないようです。
 
工場約1000平方メートルが全焼、周りの住宅12棟に延焼しました。
 

大阪府守口市『光研化成』の火災の場所は?

 

現場は大阪メトロ谷町線大日駅から北東約2キロの住宅や工場が建ち並ぶ地域。

住宅のど真ん中に工場が建設されていますね。この隣接しているいくつかの家が全焼してしまったようです。

やはり化学化合物などを取り扱う工場という場所の立地的には安全面から避けるべく土地だったのでしょうか?

大阪府守口市『光研化成』の火災に対する書き込み