幕張メッセで火炎放射の犯人や動画は?実名や顏画像もネットで拡散され炎上。

21日に幕張メッセで行われたジャンプ3誌の合同イベントである【ジャンプビクトリーカーニバル】のイベントでライターの火にスプレーを噴射して知人の高校生にやけどを負わせたとして、19歳の予備校生の少年が逮捕されました。

京アニの火災事件後、アニメのイベントの場でこのような連想をしかねない火災事件を起こすという、許せない事件について、Twitter上でも犯人の実名や顏画像が拡散されるという事態となっています。

今回はこちらの事件についてまとめていきたいと思います。

幕張メッセで火炎放射の犯人は?実名や顏画像は?

問題の火炎放射事件と動画

少年が高校生の背後に近付き、ライターの火にスプレーを噴射します。その瞬間、炎が高校生の頭部に燃え広がりました。

この映像は21日、幕張メッセで行われた漫画雑誌のイベント会場で撮影されてインターネット上で拡散されました。この映像をもとに警察は傷害事件として捜査を進め、知人の男子高校生(16)の頭に2カ月の経過観察を必要とするやけどを負わせた疑いで19歳の予備校生の少年を逮捕しています。

少年は取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めています。

身内ネタという事で報道とは違い、自分たちの自作自演というTwitterの書き込みも多くあります。

実名と顔画像

自分達が面白可笑しく不謹慎な動画を投稿したので、自分達に返ってきたとしか良いようがないですね。

今回の事件が起きたイベントは?

 

  • イベント名:ジャンプビクトリーカーニバル2019内容完全招待制!入場無料! 
  • 少年ジャンプ・Vジャンプ・最強ジャンプ3誌合同の真夏の祭典「ジャンバル」 
  • 期間:2019年7月21日(日)
  • 開催時間:09:00~17:00(最終入場は16:30まで)

ジャンプビクトリーカーニバル2019公式サイト

 

28日の大阪でのイベント開催の際での注意事項の追記がHPで発表されています。

今回幕張メッセの事件のせいで、イベント主催側のさらなるセキュリティに対する安全管理などの対策を必要とされ、早急に対応されているようです。

 

幕張メッセで火炎放射の動画投稿に対するネットの反応