富士山で滑落した男性のなりすまし生存報告のYotube動画に注意!逮捕や罪に問われる可能性については?

静岡県警御殿場署は29日、インターネットで動画を配信しながら富士山を登っていた男性が山頂から滑落した恐れがあり、捜索していると明らかにしました。

滑落の様子を視聴した人から28日110番があり事件が発覚したということです。

現在もまだ捜査中だったにも関わらず、『ニコ生で生放送中に富士山に滑落したTEDZUです、無事生きてます』という動画がYotubeにアップされました。

ニコ生で動画配信中に富士山滑落した男性は無事で生きていた?

今回、Yahooニュースなどでに【なりすまし動画】への注意喚起されている動画がこちらです。

1日前に投稿してすでに14万回以上の再生数となっています。

「騒ぎになってるのにこの言い草!」や「なぜ届け出をしないのか」と滑落したとみられる男性を批判する声が上がっていますが、動画に出ている人物は全く関係のない人です。

後半の6分くらいのところでは

『うちの母からは300万円、父からは500万円ユーザーさんからも安いですがちっぽけな微々たるものなんですか5千円とか1万円とか。うちの母は300万円と思いながら。。。障害が残るので今後支援も含めてよろしくお願いいたします。』

話されています。

この男性ののなりすまし生存報告のYotube動画に注意です。

今回のなりすまし犯の『YouTube』チャンネルを見ると、

「新宿区市谷山伏町の病院駐車場で通り魔殺人の犯人は僕です」

「愛知県豊明市でフロントガラス叩き割った男性の兄貴です」

「山梨県道志村オートキャンプ場で小倉美咲を誘拐したのは僕です」

など、そのとき話題の人物やその親族だと騙るモラルに欠ける内容の動画を上げられています。

その他にも多くの事件で「犯人です」や「親族です」と名乗っており、真実である可能性はまずありえません。

逮捕や罪に問われる可能性については?

フェイク拡散、過去にも逮捕者

いままでにも、こうしたフェイク投稿をしたことによる逮捕者が出ている。

2016年には、熊本地震の直後に「熊本の動物園からライオンが逃げた」というデマ情報をTwitterに投稿し、動物園の業務を妨害したとして、神奈川県に住む当時20歳の会社員の男が逮捕された。

また、震災などの緊急事態に乗じたデマ以外にも、有名人のアカウント作成デマや、Twitter上の新サービスがあるかのようなデマなどが拡散されている。

業務妨害や混乱が起きた場合にはTwitter社や警察などが注意を呼び掛けているが、Twitter上で冗談を助長する「ネタ文化」が根強くあり、気軽にデマを投稿するアカウントは後を絶たない。

引用元:https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5caad8f2e4b047edf95c5063

今回もデマだとわかったものの、過去の動画内容からも警察の捜査状況に混乱をさせる恐れもあります。

特に、今回連日ニュースでも取り上げられてるような操作状況ですので、炎上商法といえども悪質性も感じられますし、場合によっては罰則に問われる可能性もあるのではないでしょうか?

【動画有り】ニコ生で動画配信中に富士山滑落した人の名前は誰?アカウントは?安否や捜索の状況についても

なりすまし生存報告のYotube動画に対するネットの反応は?

ネットの声
現在捜索中なのに、それを妨害する行為 何回もアカウント剥奪されても同じ事をしてる 一度、民事でも良いから訴えられろ 又は刑事罰で前科持ちになれ
ネットの声
生きてます…本人がもしも、もしも亡くなってたら…悪質すぎるぞ。 デマ拡散と同じ犯罪行為に当たると思う。

ネットの声
本物の炎上商法YouTuberだ🤯