岡田明峰は売名行為と親の七光りで有名になる策略か?義理の兄岡田眞善との確執騒動に発展についても

ミス・インターナショナルは、過去に眞澄さんが長年、司会を務めていたこともあり、娘の朋峰にとっても縁のある大会です。

朋峰さんにとって、偉大な父に続くための第一歩でしたがファイナリストの15人を絞る段階で落選しました。

そこで大会後のインタビューでは、愛する亡き父のことを語っておりその事がきっかけで義理の兄岡田眞善との確執が表面化する形となりました。

岡田明峰が売名行為で義理の兄岡田眞善との確執の経緯と理由は?

“映画を撮るために離婚したい。失敗したら莫大な借金を抱えてしまうから”映画はお金がかかるから、慰謝料も養育費もいっさい求めないでほしいと言われ、母である藤田さんは離婚に応じたようです。

しかし、そのわずか1年後にすぐに新しい26歳年下のCAと再婚し、眞善たち一家と縁を切るため、相手の女性の婿養子に入り、姓も“鑓田(やりた)”に変えたようです。実質不倫の末結婚したということです。

再婚から3年後の63歳の時に誕生した明峰さんです。

戸籍も本名も鑓田 明峰さんです。

7歳の時に岡田さんが癌で他界されていました。

その他にも2004年の確執

2004年には三男である弟さんが初めてプロデューサーを務める舞台に出演すると約束されていたようです。しかし、直前になって“娘の運動会があるから出ない”と言いだしました。その結果三数億円もの負債を抱え、どうしようもなくなって自殺に追い込まれてしまったと言います。“お母さんには何もしてあげられなかったけど、僕の遺族年金を使ってください。僕にできる最大の親孝行です”という遺書も残していたということも大きいようです。

ミス・インターナショナルの時だけ、岡田姓で出てきたのか?という事に疑問を抱かざる終えないよです。

売名行為なのか?

親の七光りが欲しかったのか?

岡田眞澄さんの死去から13年後に明峰さんが【岡田姓】を名乗る事で今回の確執が表面化することになってしまいました

岡田眞善さんは明峰さんに対する怒りの矛先というよりも父親に対する怒りでは?母は“私たちはもう岡田なんだから、この姓を守っていくしかない”と言って、僕たちを守り続けてくれましたという思いも大きいようです。

明峰さんの思いは?

娘の明峰さんは岡田眞澄さんが元々司会を務めていた大会への出場。

ただ大好きなお父さんの名前を名乗りたいという思いではないのでしょうか?

 

明峰さんについてのプロフィール

現在は都内の大学に通いながら、テレビ局でアルバイトをしているとか。“夢はキャスターになって報道に携わること”と話しているようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

岡田 朋峰 / Tomomi Okada(@tomomi_okada_official)がシェアした投稿

世間の声は?