岡本依子(テコンドー副会長)の経歴や学歴、プロフィールは?「話し方が気になる」のネットの反応についても

不透明な運営体制が浮き彫りになった全日本テコンドー協会ですが、その体質改善を求めて訴えを起こしたのが、シドニーオリンピック銅メダリストで協会の副会長を務める岡本依子氏とバルセロナオリンピック日本代表で理事の高橋美穂氏でした。

今回、スッキリやグッディに出演され、様々なことをお話されている岡本依子氏ですが、ネット上では様々な反応がみられるので。岡本依子氏について気になる点をまとめていきたいと思います。

岡本依子(テコンドー副会長)の経歴や学歴、プロフィールは?

  • 岡本依子(おかもとよりこ)
  • 大阪府門真市出身
  • 四天王寺高等学校卒業
  • 早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。
  • テコンドー元日本代表選手。
  • シドニーオリンピック銅メダリスト
    世界テコンドー連盟公認四段。現在は、テコンドーの普及活動を行っている。
  • 2015年5月25日、全日本テコンドー協会理事会で理事に選任され[7]、6月10日の理事会では強化委員会入りして選手強化に携わっている

1971年9月6日生まれ。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。早稲田大学オレゴン大学交換留学プログラムによる留学中、テコンドーと出会う。その後、数々の大会で好成績を残し、シドニー、アテネ、北京とオリンピック3大会に出場した。2000年のシドニーオリンピックでは、女子67kg級で銅メダルを獲得。日本テコンドー初のメダルとなった。
現在は、「アスリートネットワーク」の理事に就任し、子供たちに夢や希望を持つ事の大切さをスポーツを通じて伝えている。テコンドーの普及活動に取り組むとともに、テコンドーの動きをもとにしたダイエットプログラム“ネリチャギ ビューティー”を開発し、健康増進のための活動も行っている。

出典元:https://www.kouenirai.com/profile/5318

 

 

2010年にはテコンドーと絡めたダイエットDVDを発売されていました。

岡本依子(テコンドー副会長)のテコンドー協会について話す動画。

この岡本依子さんのスッキリでお話される姿があまりにも感情的になりすぎて少し炎上しているようです。これが岡本依子さんのキャラクターや個性ですが、関西弁そのままで感情的に話してしまう姿は見る人や見方によっては、共感できない人も多いようです。

極めつけは、「今まで変わらなかったのは自分が何もしなかったからだと思う」と自らの責任にあると釈明した岡本氏は、このあと「選手たちが声を挙げてくれて、私も……なんにもできないんですけど……頑張らせてほしい……」と泣き始めてしまったのだ。

 これに対して、ネット上では「一言で言うと無能すぎ」「お飾り感がひどい」「出演してる意味皆無」「口ベタというか地頭が良くない感じ」と不満が一斉噴出。「高橋さんの方がよほどしっかりしていて副会長にふさわしく見える」などと炎上してしまった。

出典元:nifty news

学齢についてはプロフィールで記載したように、関西でもトップレベルの高校を卒業され、そのあと早稲田大学に進学されているので賢い方です。やはり公共のメディアということで万人受けする話し方ということを意識する必要があったのしょうか?

テコンドーの合宿が中止(ボイコット)の理由や原因は?金原会長や協会の運営方針に不満の内容についても

岡本依子(テコンドー副会長)の話し方に対する世間の反応は?