新型コロナ患者が関空逃亡の真偽は?武漢観光客が検査を拒否しUSJと京都はデマ?

春節とは中国のお正月で伝統ある祝い事であり、中国だけではなく、全世界の華人にとって最も大切な伝統的な祝日です。春節は国民の祝日で多くの人は一週間の連休になります。

2020年の春節は1月25日(土曜日)からで休み期間は1月24日から1月30日までです。

旧正月「春節休み」にはのべ30億人が移動するとされ、中国の武漢市から発症が確認された新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が心配されています。

Twitter上で関空で検疫を無視して新型肺炎患者疑いの観光客が逃亡した恐れがあるとネット上で騒がれています。

新型コロナ患者が関空逃亡の真偽は?武漢観光客が検査を拒否しUSJと京都へ?

本日このようなTwitterがネット上で拡散されていました。

中国系のSNSでこのような投稿が多数みられているようです。

https://www.plurk.com/p/nnvcp7

現在、関西のニュースや速報で、入国検査を拒否して逃亡した武漢からの入国者情報の報道などはありません。

ただ、メディアも新型肺炎患者の疑いという時点で報道し、国民の不安を煽るわけにはいかないので報道されていない可能性も考えられます。

出典元:厚生労働省

こちらの真偽よりも、風邪やインフルエンザなど流行の時期ですので、できる限りの予防をして気をつけるに越したことはないということです。

新型肺炎ウイルスの感染予防は?

新型肺炎ウイルスは抗インフルエンザ薬に相当するような治療薬のほか、感染を防ぐワクチンも現在ありません。

そこで私たちができる予防策は何なのか?

  • 1.確実に効果があるっていうのは手洗い
  • 2.その次マスク。

出典元:FNN PRIME

手洗い、うがい、アルコールや除菌スプレーでの殺菌などを徹底するのが今の所の対策ですね。

免疫力が弱っている人などは極力人混みや繁華街など、中国人の観光シーズンは避けるのが一番かもしれません。

PITTAMASK(ピッタマスク)の裏表と上下やつけ方は? 他のマスクとの違いや良いところは?花粉症やウイルス対策に必須アイテム

2019年2月25日

ヒトからヒトへは感染するのか?

22日午前の記者会見で、「家族間などの限定的なヒトからヒトへの感染の可能性は否定できないが 現時点で、持続的なヒトからヒトへの感染は確認されておらず、WHOの西太平洋地域事務局もこの認識であると報告を受けている。中国で、引き続き患者数が増加している中で、一層の警戒が必要で、水際対策などの措置を着実に講じるとともに、日本時間の今夜開催されるWHOの緊急委員会の状況を注視し、引き続き感染拡大の防止に万全を尽くしていきたい」と述べました。

引用元:NHK NEWS WEB

新型コロナウイルスの感染源や感染ルートは?

感染源はやはり海鮮市場(華南海鮮卸売市場)で売られていた野生動物の可能性がありそうですが、武漢での症例のうち他にも海鮮市場との関連のない症例があることが判明しており、閉鎖された市場以外にも感染源があるかもしれません。

夫婦での感染事例、国内例の父親との濃厚接触歴、中国国内の14人の医療従事者の感染者の存在はヒトからヒトに感染しうることを強く示唆しています。

また中国国内で武漢の渡航歴のない、確定患者との接触者が新型コロナウイルス感染症と診断されたと報じられており、ヒトからヒトへの感染により伝播していると考えられます。

いずれも濃厚接触での発症であり、ヒトからヒトへの感染性は高くなく家庭内や病院内での濃厚な接触といった限定的な環境では感染しうる、ということを示唆するものであり現時点では容易にヒト-ヒト感染する感染症とは言えません。

出典元:Yahoo 

武漢での感染源や感染ルートはこのように市場で売られている食用の野生動物を食べた人や販売者が動物の糞尿などから細菌に感染したという感染経路のようです。

道端ですれ違ったり空間を短時間共有した程度での感染力はないようです。

新型肺炎ウイルスの感染した場合の治療法は?

今回の新型ウイルスに対するワクチンや特効薬は、まだない。症状としては発熱やせき、呼吸困難などが挙げられる。感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)は23日、3つの異なる研究チームが新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた作業を開始したと明らかにした。

出典元:https://jp.reuters.com/article/china-coronavirus-830-patients-idJPKBN1ZN01W

感染した場合は、安静にしたうえで体力の回復を待ち、熱やせきなどの症状を和らげていく「対症療法」が中心。賀来特任教授は「重症化して呼吸不全になった場合、人工呼吸器などを使い、呼吸の管理が大切になる」と話す。

出典元:毎日新聞

ネットの反応は?