就活セクハラの実際に合った学生の被害や体験は?ハラスメントのNGワードについても

セクハラに関しては頻繁に法改正も行われており、以前にもまして企業では様々なハラスメント対策や防止に取り組んでいます。

そんな、就職活動中の学生をハラスメントから守ってほしいと大学生が厚生労働省や大学に対策を求めています。

どのような発言が就活ハラスメントに当たるのか?対策などについてなどまとめていきたいと思います。

就活セクハラに対する学生の訴えとは?

「学生として就職活動をしている人は、企業のセクハラ窓口があっても相談することができません。個人が特定され、採用の可能性が遮られてしまうのではないかという恐怖に学生は常におびえています」  

東京大学や慶應義塾大学などの学生で作る有志団体は、厚労省が意見募集しているハラスメントの指針案について「就職活動中の学生へのセクハラに対して会社に防止義務を課す規定がない」として、見直しを求める声明を発表しました。

就職活動中に受けるセクハラは「OB訪問」や「食事会」など本来の採用試験とは別の場所で受けることが多く、「どこにも相談できず泣き寝入りするしかない」と訴えています。

また、大学に対しても相談窓口を設置するなどして、学生が学業や就職活動に専念できる体制を整えるよう求めています。

実効性ある「就活セクハラ」対策を求める大学生からの緊急声明

就活セクハラの実際に合った被害や体験、NGワードは?

【女性=結婚して退職】女性の社会進出も進む中で、古い感覚のまま、悪びれもなく発言していることなども原因となります。

「彼氏はいるの?」「早く結婚しないと売れ残っちゃうよ」「結婚してすぐ辞めるのは勘弁してよね」こんな言葉は数十年前は普通だったのでしょうか?

言葉の就活セクハラと力を利用したパワハラが就活生を苦しめているのは本当に心苦しい現状です。

就活セクハラに対するネットの反応は?