【週休3日制】は生産性が上がるの?何曜日休みが良い?今後の課題や問題点や賛否についても。

日本マイクロソフトは2019年10月31日、今夏に実施した働き方改革プロジェクト「ワークライフチョイス チャレンジ2019夏」の成果説明会で試験的な「週休3日制」を導入の結果について発表し、様々な世間の意見や反応が伺えました。

今回はそんな「週休3日制」についての世間の声についてまとめていきたいと思います。

週休3日制は生産性が上がるの?

8月の1カ月間限定で毎週金曜日を休業日とする「週休3日制」を導入。

対象の正社員約2300人は金曜日5回分を「特別有給休暇」とし、通常の年次有給休暇とは別の休暇を付与。

出典元:https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06325/?n_cid=nbpnxt_twbn

休業日は原則としてオフィスを閉鎖したことから、電力消費量も前年同月比で23.1%削減に成功。

8月の労働生産性(社員1人当たりの売上高)は前年同月比で39.9%の増加。

「週休3日制」に対して社員の92.1%が「評価する」と答えるなど、定性的な満足度も高かった。

週休3日制の休みは何曜日がいい?

今回マイクロソフトでは金曜日休みの3連休ということでしたが、世間は『水曜日推し』という結果でした。

週休3日制に対するネットの反応は?