スズメバチに中学生が野外活動中に刺され搬送。中学校名や島根県出雲市の渓谷の吊り橋の場所は?

島根県出雲市にある渓谷で、校外学習で訪れていた中学生がスズメバチとみられるハチに刺され、11人が病院に搬送されました。
いずれも症状は軽いということですが、今回のスズメバチの被害についてまとめていきたいと思います。

スズメバチに中学生が野外活動中に刺され搬送

12日午前11時ごろ、出雲市にある渓谷、「立久恵峡」で、「生徒がハチに刺された」と引率していた出雲市立南中学校の教師から消防に通報がありました。
刺された生徒は、いずれも1年生の男子生徒4人、女子生徒7人で救急車で市内の病院に搬送され、手当てを受けていて、このうち、女子生徒1人が、ハチに刺されたことで急激なアレルギー反応を起こす「アナフィラキシーショック」とみられる症状で重症だということです。
南中学校によりますと、12日は校外学習の一環で、1年生33人が学校から車で10分ほどのところにある立久恵峡を訪れていたということです。
消防などによりますと、中学生を襲ったハチはスズメバチとみられ、生徒たちがつり橋を渡っている最中に、橋の下についていた巣から大量のスズメバチが出てきて、突然、襲われたということです。

【校外学習中に刺される】
ハチに刺された生徒が通う出雲市立南中学校によりますと、12日は、ふるさとについて学ぶ校外学習の一環で、1年生の生徒33人が学校から車で10分ほどのところにある渓谷、立久恵峡を訪れていたということです。

引用元:NHK NEWS WEB

アナフィラキシー反応が出てしまった場合は素早い処置が必要となってくるようです。

スズメバチの活動時期は「5月~11月」ということなので野外活動などスズメバチが生息するような場所に行くときはしっかりと万が一の処置の方法などを予習していく必要がありますね。

死亡事故などが起こる場合は刺されてから1時間以内に起こるようで、2回目に刺された場合などにアナフィラキシーの症状が出るようなので、刺された場合はできるだけ早く病院で適切な処置を受けることが必要だと言えます。

あとは蜂は、黒色を攻撃しやすいという性質があるようなので、帽子を被ったり、服装にも気をつけることも大切なようです。

島根県出雲市の渓谷の吊り橋の場所は?

今回被害が起きた場所は立久恵峡で国の名勝・天然記念物で県立自然公園にも指定されています

 

スズメバチの被害に対する世間の反応は?