手取り15万円論争が再び。手取りが大暴落?闇の深いトレンドとTwitterで話題に。

老後2000年問題や、10月からの消費税増税などで、収入や貯蓄に対する様々な不安などで世間は他人や自身の収入や懐事情に敏感になっているのでしょうか?

定期的にニュースなどにも取り上げられている【手取り〇〇円】問題ですが、今回はあるtweetをきっかけに【手取り15万円論争】が繰り広げられています。

手取り15万円がTwitterで話題に

凄まじいリツイート数で話題になっているのがこちら☟

令和に入ってからの最低賃金論争

7月31日、中央最低賃金審議会の小委員会は、2019年度の最低賃金について全国平均の時給を27円引き上げ、901円とする目安をまとめた。東京と神奈川が1000円を超えるとともに、地域間格差は依然として224円と大きな開きがある。

 この改定に合わせて、日本テレビ系の「NEWS ZERO」で最低賃金特集が組まれ、自販機業界の大蔵屋商事の事例が取り上げられた。

 番組では同社の石井さん(仮名、33歳、男性)が、平均月間労働時間300時間(月残業時間約120時間)、手取り23万で、時給換算で最低賃金ちょうどかそれを下回る収入しかない状況が紹介された。

引用元:Yahoo.news

 

「NEWS ZERO」放映直後から、「手取り23万」がキーワードとなり、23万は低いのか高いのかを巡り、この時もツイッター上で大きな議論となり「手取り23万」はツイッターのトレンド入りも果たしています。

手取り15万円に対するネットの反応は?