【動画】堀ちえみが徹子の部屋で復帰の第一声や術後初の肉声は?涙したとネットで話題に

昨年2月に舌がんの手術を受けリハビリを続けているタレントの堀ちえみさん(52)が7日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」に出演されました。

舌の6割以上を切除し太腿の組織を使って再建手術を受けて以来、こちらの番組が仕事復帰となりこれが初めての肉声となりました。

今回はそんな視聴者が感動したという堀ちえみさんの復帰初である徹子の部屋の様子についてまとめていきたいと思います。

【動画】堀ちえみが徹子の部屋で復帰の第一声や術後初の肉声は?

リウマチの治療から解放され、これから色々なところに旅行などできると喜んでいた矢先の癌告知だったようです。

16歳の娘さんの言葉などがまだお母さんと私、16年しか一緒に住んでないんだよ。これでお母さんの人生が終わっちゃうなんて悲しすぎる」と泣かれたことで、「自分だけの命ではなく、娘のためにも生きなければいけない」と考え直し、生存率を高めるということを選択し手術を決意したそうです。

舌の再建手術を受けた後、「口は閉じないし、舌ははみ出てて、自分の顔を見たときに職業柄『この先ないな』と思った。命は助かったけど、この先どうやって生きていけばいいんだろう」と、自身の変わり果てた姿にショックを受けたことも明かしていました。

それでも「がんは私にいろんな素晴らしいことを教えてくれたので、本当に生きていてよかった」前向きな姿がお話から伺うことができました。

今後の目標については「ボイストレーニングをしてちゃんと歌えるように練習してトレーニングをして、2年後にデビュー40周年なので、そのときにライブができればいいなと、目標に思っています」と今後の具体的な目標についてもお話されています。

口腔癌による休業から現在まで

2019年2月19日、自身のオフィシャルブログにて、口腔癌(舌癌)に罹りステージ4と診断され、左首のリンパ節にも転移していることを公表し、同日に入院、当面は芸能活動を休業して療養に専念するとした。

前年の6月頃に、舌の裏側の小さな口内炎に気付き、通院治療を続けていたが、当初は2016年から患っているリウマチの治療薬の副作用からでは、と判断されていた。7月にいったん症状は治まったが、10月に入ると大きな口内炎が再発。それ以降は痛みが酷くなる一方で、年明けからは更にしこりが増加し会話や食事も辛くなり、激痛で不眠にも悩まされていたという。

2019年2月22日に受けた11時間に及ぶ手術では、頸部リンパ節や舌の6割を切除し、太ももの組織を移植する舌の再建手術が行われた。同日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に入院前の収録でゲスト出演しており、病気の経緯を詳細に語った。25日、ICU(集中治療室)から一般病棟へ戻り[9]、26日には術後初めて本人が自身のブログを更新した[11][12]。3月16日、外泊許可を得て一時帰宅。3月26日に退院。

4月15日、検査によって新たにステージ1の食道がんが発見されたことを公表。16日、内視鏡による切除手術を行った。24日、退院。病理検査の結果、食道がんはステージ0の初期がんと判明。

10月21日、闘病生活についてつづった著書『Stage For〜舌がん『ステージ4』から希望のステージへ』を刊行。同月3日に行われた出版社のパーティに参加し、術後初めて公の場に登場[25][26]。当日のあいさつでは、あらかじめ自身で書いた文章を代読してもらう形となった。

2020年1月3日、芸能活動復帰を報告。同月7日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日)が復帰後初仕事となる

Stage For〜 舌がん「ステージ4」から希望のステージへ 堀ちえみ/著

堀ちえみが徹子の部屋で復帰で涙したとネットで話題に