八木秀樹医師の顔を特定!群馬県前橋市の医師が健康診断中にわいせつ行為?

群馬県警太田署は19日、健康診断中に女性4人の胸を触ったとして、医師八木秀樹容疑者(47)を逮捕したということです。

「胸に触れはしたが、故意に触ったわけではない」と容疑を否認しているという。

今回のこちらの事件について八木容疑者について調べてみました。

八木秀樹医師の顔を特定!

昨日までは顏や動画が公表されていませんでしたが、こちらのNEWSで同行される瞬間の映像が確認できました。

前橋市の八木秀樹容疑者は2018年9月に太田市内の自動車部品製造会社の健康診断で18歳から25歳の女性従業員4人の胸を触った疑いを持たれていました。

その後の捜査関係者への取材で被害者が八木容疑者に聴診器を持っている手の指で胸を
触られたほかもう一方の手でも胸を触られたなどと訴えていることが分かりました。
 
女性らが受信後に明らかにおかしいなどと話し合い会社に相談したことで発覚したということです。
 
取り調べに対し八木容疑者は胸には触れたが本意に触ったわけではないと容疑を否認しているようです。
 
 
 
各SNSも調査致しましたが、下記のツイッターにあるように同姓同名の人が多数おられました。
 
 

同姓同名の人にしたらいい迷惑です。

八木秀樹医師の務める病院は?

こちらのニュースで映っていたものとグーグルマップに掲載されている写真が一致いたしました。

近くに八木医院という病院もあり、こちらの口コミや評判はあまりよくなかったのですが、

八木内科医院に関する口コミなどはグーグル上ではありませんでした。

八木秀樹医師に対するネットの反応は?

健診に看護師は介助として入らないの?
女性を診るとしたら、医師を守るためにも必ず看護師が側について、聴診時の服の上げ下げ等看護師がやるけどな。後は医師自ら、何かあっても困るから、女性の患者さんの時には必ず側に付いていてほしいと言われる。
 
こういうことがあると、女性医師がもっと必要だと思いますが、一部の医大では女性に不利な受験システムだったわけですから、なにか釈然としないものを感じます。
 
大手スーパー従業員です。5年以上前の会社の健康診断で、問診をする男性医師が胸に聴診器を当てるとき下着も全てとるよう要求してきて、胸の大きい女性に対して「おっぱい大きいね。おっぱいは大きくする手術だけでなく小さくする手術もあるんだよ」と、胸を下から持ち上げたそうです。
会社には報告したので翌年からは、その医師は来なくなりました。
 
女性は女性が診断した方がいいと思うな。
例え不審じゃなくても
不快になる人はいると思う
 
医療関係では、男女に関する問題が特に難しい。センシティブな問題もある。知り合いの医療従事者によると、女性でも女性の診療には気を使うそうである。女性スタッフを増やすなどの対処が必要になる。
今後もこのような問題を完璧に解決をするのは難しいだろう。
 
ネットでも様々な声や同じような経験をされたという女性の意見も沢山ありました。
今回は同じ会社で女性同士がお互いに状況の共有をできたので、事件の発覚と繋がりましたが、
中々人には話せないような内容なので、『おかしいけど、気のせいかな?』と勘違いかなと考える人も多いのではないでしょうか?
 
 
八木容疑者のケースも今回の発覚以前にも同様な手口を使っているように思います。
もしかすると、ニュースを見たりした人の中でも『私もそうだったのかも。』と思う人もいそうですね。
 
 
地域によっては医師不足、また女性医師の指定が困難なところもあると思います。
簡単にできる策としてはネットでもあるように女性看護師を補助としてつけるなど、一対一ではなく立ち合い人を置くのが
今回のような事件を防ぐための第一歩ではないのでしょうか?
 
 
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です