AirPodsPro(エアーポッズ)スペックや性能、カラーバリエーション、従来との違いは?ドライヤー、マタツボミ、うどんと形がユニークと話題に。

アップルは、ノイズキャンセルに対応したワイヤレスイヤフォン/ヘッドセット「AirPods Pro」を10月30日より発売すると発表しました

さて、今回は従来の性能やスペックとどう違うにか?ということ、形についてもネットで話題になっていたので、ユーザーの声をまとめていきたいと思います。

 

AirPodsPro(エアーポッズ)が発売!フォルムがユニークという声が多数。

  • AirPods:エアポッズ,エアポッド
  • 発売日:2019年10月30日(水)
  • 価格:27,800円+税

今回のフォルムがキャラクターに見える

AirPodsPro(エアーポッズ)スペックや性能、カラーバリエーション、従来との違いは?

従来のAirPodsは、開放型で外の音が聞こえるデザイン。

AirPods Proは、アクティブノイズキャンセリングを搭載し、没入感のある音の軽量のインイヤーデザインとなる。

AirPods Pro AirPods
¥27,800 (税別) ¥22,800 (税別)

カスタマイズできる装着部分

ワンサイズの装着部分
アクティブノイズキャンセリング
アダプティブイコライゼーション
H1チップ H1チップ
「Hey Siri」が常にオン 「Hey Siri」が常にオン
耐汗耐水性能
1回の充電で最大4.5時間の再生時間 1回の充電で最大5時間の再生時間
24時間以上の再生時間(Wireless Charging Caseを使用した場合) 24時間以上の再生時間(Wireless Charging Caseを使用した場合)
ワイヤレス充電ケース ワイヤレス充電ケース
好きな言葉を無料で刻印 好きな言葉を無料で刻印

今回黄色で色付けしている部分が従来のモデルと大きく異なるスペックです。

これでうるさい場所でも耳栓として使えるようになりました。周囲の音を聞き逃したくない場合は、マイクで拾った音を透過する「外部音取り込みモード」にもワンアクションで切り替えられます。

「アダプティブイコライゼーション」とは?

音楽の低音域部分と中音域部分をリスナーの耳の形に合わせて自動的に調整し、没入感のあるリスニング体験を実現。専用のハイダイナミックレンジアンプを搭載。ドライバは20Hzまでのリッチな低音と正確な中高音域オーディオを安定して提供が可能ということです。。

AirPods Proは、ユーザーのiCloudにサインインしている

  • iPhone
  • iPad
  • Mac
  • Apple Watch
  • Apple TV
  • iPod touch

などすべてのデバイスとすぐにペアリングも可能です。

 

AirPodsPro発売に対するネットの反応は?