浴衣にサンダルは足元革命の1つなのか?賛成?否定?令和ファッションとなるか?

さて、各地で盆踊りやお祭りが行われている中で、浴衣の女性の足元に変化がみられます。

私も今年浴衣を着る際に、久しぶりに下駄を履くので靴擦れを恐れサンダルと迷いましたが、きちんと鼻緒を伸ばしてもらい下駄を履いてお祭りに行きました。

呉服店などが減って、鼻緒を伸ばすだけで、全然履き心地が違うということを若者が知らないという事もあったりするのでしょうか?

今回はそんな夏の浴衣の足元革命について記事にしたいと思います。

浴衣にサンダルは足元革命の1つなのか?

令和時代の浴衣の女性の足元は下駄ではなくサンダルに変化しているようです。

確かに、こちらにも浴衣にサンダル。あっちにも、浴衣にサンダル。一体どうなっているのでしょうか?

これも新しい流行の1つと言えるのか、時代の変化というのでしょうか?

せっかく和装をしているのになぜ足元だけ洋風にする理由は履き慣れない下駄は歩きにくいということです。

しきたりを越えて楽ちんなスタイルを選ぶということは、昨今のパンプス強要に反対する足元革命の流れの一つであるのかもしれませんね。

賛成?否定?令和ファッションとなるか?

反対派

賛成派

文化を重んじる派と文化に柔軟に対応する派に分かれますね。

時代が進むにつれて常に新しいものが出てくるので、令和の和装ファッションということになるのでしょうか?

和装文化もやはり大切に廃れてほしくないので、老若男女着易いように変化は必要なのかもしれませんね。

でも私は履きやすい、靴擦れしない下駄が欲しいなぁっと思った令和初の夏でありました。

浴衣にサンダルに対するネットの反応は?