MENU

ジャニーズ事務所のマスクや防護服の入手先や調達先はどこ?疑問の声も多数

2020 4/18

ジャニーズ事務所は17日、新型コロナウイルスの対応に当たる医療機関を支援することを発表しました。

今回、マスク不足、防護服不足の中で驚きの数の支援ですが、

一体どこからどのように調達しているのでしょうか?

目次

ジャニーズ事務所のマスクや防護服の調達先はどこ?

関係者によると、物資は事務所と取引のある関係各所を通じて調達した。

医療関係者を通じて納品する予定で、どの医療機関に届けるかは今後協議中。

  • マスクを50万枚(医療用マスク30万枚・抗菌マスク20万枚)
  • 防護服(隔離服)を3万3000
  • 物資は約8000万円相当。
  • 4月末から必要とする医療機関に順次届ける。


出典元:https://www.weibo.com/

ジャニーズ事務所はSMAP、嵐など海外でも人気のアーティスト達も沢山いる中で海外とのツテもあるようです。

木村拓哉さんもWeiboでこのように呟かれています。

Twitter上では『買い占め?』『どういった経路?』という声が多数みられますが、

おそらく中国の信頼できるツテでマスクや防護服を購入し、寄付する方向なのではないでしょうか?

マスクが店頭に並ばないカラクリ

中国にツテがある人は現在もマスクを輸入できているのが実状です。

「先週、中国から5万枚のマスクを輸入して、都内の企業に納入しました」 

 3月後半からマスクの輸入をはじめたという40代の男性はこう話す。 

 国内の深刻なマスク不足に対し、安倍首相は3月28日の会見で以下のように述べた。 

「マスクは8割近くを中国での生産に依存して来ましたが、国内でマスクを作ってくれる企業に補助金を出してお願いしながら、生産増強と輸入の増加によって、4月は7億枚を超える供給を行います」 

インターネットで販売されているマスクは、使い捨て50枚でも2000円台から4000円台までばらつきが大きい。 

「在日の中国人を中心にエージェント経由でマスクを輸入しているようですが、品質によって仕入れ値が異なる。また、大量輸入できれば価格は下げられますが、予定数量が届かなかったり、今は様々な問題が起きるために価格が上下している。中にはBFE試験(細菌遮断率試験)などの結果表示と実際が異なるものもあるようです」(同) 

出典元:文春オンライン

現在は医療物資の輸出企業に対して認可制も1日以降は導入されています。

【北京時事】中国税関総署は13日の記者会見で、医療関連物資の輸出企業に認可制を導入した1日以降、未認可企業が製造した3000万枚以上のマスクの輸出を阻止したことを明らかにした。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中国製品の需要は世界で急増しているが、粗悪品も多く、購入したオランダやスペインなど複数の国から苦情が相次いでいる。世界への貢献をアピールしたい中国政府は規制強化でイメージ悪化を回避したい考えだ。

出典元:jiji.com

ジャニーズ事務所も調整の上目処が立ったことから今回の物資支援の発表となったのではないでしょうか?

ネットの反応は?

目次
閉じる