嫁デスノートってあるの?サイト閉鎖理由は?旦那デスノートが炎上で話題に

以前2017年にもスッキリで特集されて話題となった『旦那デスノート』ですが、今回は朝の情報番組『グッとラック』で特集され再炎上しています。

そこで気になったのは『嫁デスノート』の存在です。

現在すでに閉鎖しているようですが、気になる閉鎖理由などを調査したいと思います。

嫁デスノートはないのは何故?

2015年にサイトが開設されて以降月間サイト利用者数が13万人という旦那デスノートのサイトです。

出典元:https://danna-shine.com/page/4275

現在は『グッとラック』の放送ではTwitterなどで裏垢を作りハッシュタグ#旦那デスノートという呟きでストレスを発散している主婦が多いという内容でした。

以前はこちらの旦那デスノートならぬ嫁デスノートもありました。

嫁デスノート

書き込みなども少なくほぼ閉鎖状態です。

ただ嫁デスノートも#嫁デスノートという形で一部Twitterで裏垢を作り呟いている人もいました。

旦那デスノートの比べて嫁デスノートが少ない理由は?

男性は左脳派の人が多く、女性は右脳派の人が多く完全に男女の違いと言えるでしょう。

◎左脳派チェック
・何事も原因や理由、メリットやデメリットを考えて決断する
・理路整然と話すことができる、話が分かりやすいと言われる
・感情があまり表に出ない
・慌てずに物事に対処できる
・プレゼンテーションが得意である
・両手の指を組んだとき、右手の親指が上になる
・腕を組んだとき、右腕が上になる

◎右脳派チェック
・喜怒哀楽がはっきりしている
・直感で物事を判断する、あまり考えないで後で困ることがある
・車の運転が得意である
・人の気持ちがよく分かる
・テレビや映画の感動シーンで泣いてしまうことが多い
・両手の指を組んだとき、左手の親指が上になる
・腕を組んだとき、左腕が上になる

出典元:http://matome.ishido-soroban.com/I27b6be8

女性はお喋りが好きで、誰かに話すことによってストレスをします。また共感力も男性に比べて長けていることからもコミュニティとして情報交換などを好む傾向にあります。

そういった要因からも嫁デスノートに比べて、旦那デスノートが多いのではないでしょうか?

嫁デスノートの閉鎖理由は?

嫁デスノートは現在サイトはあるものの、ほぼ閑古鳥が鳴く状態に?

一体何があったのでしょうか?

『嫁の愚痴・嫌いな所を逆に書いて現実に。願いが叶うといいな嫁デスノート。』

思考は現実化するということでしょうか?

愚痴を言うのではなく、ポジティブに変換して理想の夫婦になろうというようなサイトに変換されていました。

諸事情により今までの書き込みを削除する事になりました。
事情については詳しく書けませんので察してくださいませ。
デスノートに書き込んでくださった皆様ありがとうございました。
願いが叶わなかった皆様、本当に申し訳ございません。

今後、奥様に対しての悪口やネガティブな発言等は削除対象となります。
申し訳ございません。。。

引用元:嫁デスノート

サイト運営者の方が愚痴を吐く事に心を痛められたのでしょうか?

または、奥様に対して理想になるように働きかけたところ、夫婦仲が良くなったからサイトの趣旨を変えられたのでしょうか?

旦那デスノート・嫁デスノートのリスク

「旦那デスノート」は、匿名による公開の場での情報発信です。書き込みはハンドルネームで行われていますし、その内容は第三者から見ると誰のことかわからないものが多くなっています。

しかし、ハンドルネームではあっても、同一人の書き込みはリスト化されていますので、知り合いが見たときに個人特定可能に至ることがありえます。そして、個人特定可能となった場合には、書き込みの内容が実際の出来事に基づいているかいないかにかかわらず、夫に対するプライバシー権の侵害や名誉毀損に該当するおそれが高いといえます。

出典元:弁護士ドットコム

裏垢の場合は匿名だと言えども万が一バレた時などの法的リスクもしっかり考えた上で書き込みましょう。

嫁デスノートに対するネットの反応は?