「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」熱中症は大丈夫?可愛いと絶賛のツイート多数も心配の声も。

ピカチュウ大量発生チュウ! のイベントは、2014年から毎年夏に神奈川県横浜市のみなとみらいで実施されていました。

年々暑さが酷くなる一方で、今年はひらかたパークで着ぐるみスタッフが熱中症で死亡する事故が起きるなど、きぐるみの可愛さの裏側である過酷さにも配慮が必要でもあります。

今回はそんな可愛さだけに目を向けるのではなく熱中症などは大丈夫なのか?っという部分について記事にしたいと思います。

「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」熱中症は大丈夫?

実は既に2018年の開催時に熱中症になってしまったピカチュウが発生しています。

「イーブイの大行進」もお客さんの熱中症対策の観点からも時間の変更などもされていました。

ピカチュウの熱中症を心配する多数の声

2019年に関しては2018年の猛暑でのスケジュール変更なども考慮して、「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」のイベントショーは、夜の時間帯メインで開催されています。

【開催時間】

①19 時10 分~、②20 時35 分~

※8月9日(金)、8月10 日(土)は20時35分~のみ。

【会場】

グランモール公園(横浜美術館前)

夜の時間帯といえどもこの時期だと28℃~30℃近くあります。

枚方パークの男性の場合も屋外で約20分パレードの練習をしたあと、意識を失い、救急搬送されましたが、
当時の枚方市の気温は28.7度だったそうです。

着ぐるみ内部は10分で35度以上になるとも言われているので、これだけのダンスを着ぐるみを着用しながら踊るピカチュウの中に入られている方はこまめな水分補給と熱中症対策が必要かと思われます。

素晴らしいパレードの裏側には相当な努力と過酷なレッスンやトレーニングを積まれて挑まれているのでしょう。

「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」に対する参加者の反応は?