台風15号や19号で落ちてしまったりんごや果物の農業支援や寄付する方法は?鉄拳のツイートでりんごの輪が広がって話題に。

台風15号は9月9日に台風19号が10月12日に千葉県に直撃し、停電、断水など大きな被害を受けました。
さらに千葉県の農林水産業の被害額は、411億6700万円(千葉県発表、10月4日現在)に上り、県内では各地でビニールハウスが倒壊、鉄の骨組みは折れ曲がり、撤去解体は解体業者の不足もあり1年以上先の見通しです。

収穫間近の農作物が売り物にならない状態になってしまい、今回はそれをどうにかできないのか?という動きも多くみられていたので私たちができる事をまとめていきたいと思います。

台風15号や19号で落ちてしまったりんごや果物はどうなる?

パラパラ漫画で有名な鉄拳さんのツイートが沢山リツイートされ話題となっています。

過去にはパラパラ漫画原作『家族のはなし』が舞台化されるなど【りんご農家】への思い入れが人一倍以上にあるのがよくわかります。

台風19号の影響で、長野県小布施町では収穫を前にした農作物が被害を受け、りんごの被害額がおよそ8400万円に上ることがわかりました。長野県全体となりとかなりの被害額になりそうで本当に残念でなりません。

台風15号や19号で落ちてしまったりんごや果物の農業支援や寄付する方法は?

身近でできることは?

クラウドファンディングとて支援する方法

2019年9月9日の台風第15号被害で流通できない農作物と農家を救い、被災農家と支援する人々の『つながり』を深めていくことで、「被災対応型の農業6次産業」「フードロス」食い止める持続的農業支援プロジェクトです。☟

【台風15号千葉県被災 農業支援】 チバベジ -野菜がつくる未来のカタチ-

ふるさと納税として寄付する方法。

ネットの声