【銀の匙】が完結で荒川弘は引退?休載だった理由や今後の活動については?あと4話とツイッターで話題に。

荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」の連載が、本日11月6日発売の週刊少年サンデー49号(小学館)で再開されました。

ただ、再開とともにあと4話で最終話を迎えるとネット上では喜びの声と終了を惜しむ声で入り混じっています。

【銀の匙】が完結で荒川弘は引退?

『銀の匙-Silver Spoon-』は、北海道の農業高等学校を舞台とした酪農青春漫画です。

主人公の八軒勇吾が、寮があるという理由で大蝦夷農業高校に入学するが、農業の厳しい現実にぶつかりながら悪戦苦闘の日々をおくり、手探りながらも自分の進路や生き方について学んでいく。

荒川弘さんは広大な土地(25ヘクタールの畑、本人曰く北海道では小〜中規模)と大型農機による酪農と畑作(主にジャガイモ)を手がける農家に生まれ、農業高等学校卒業後7年間家業を手伝っておられました。

北海道の食料自給率の抜きん出た高さと、日本全体としての食糧自給率の低さを対比させた上で、都会人の食糧問題への認識の目に余る身勝手さと農家の実状を描きつつ「飢えたくなければ、銀座でベコ(牛)飼え。ヒルズを耕せ。」と訴えるなど、漫画家となった現在も一貫した農民視点で『銀の匙』の漫画を描かれていました。

銀の匙公式HP

  • 2011年からサンデーで連載がスタート。コミックスは累計発行部数1500万部を突破。
  • 2013年7~9月、2014年1~3月にテレビアニメ化。
  • 2014年3月にはSexy Zoneの中島健人主演で実写映画が公開。
  • 2014年ごろから度々、休載。
  • 2018年5月に約10か月ぶりに連載を再開。
  • 2018年6月に再び休載。
  • 2019年11月約1ヶ月5ヶ月ぶりに連載を再開。

今回の表紙を飾りましたが「最終章、開幕!!!」と題して「ラスト4話!!!!」「物語はクライマックスへ…待望の連載再開!!!!」と残り4話で完結することを発表されています。

ひとまず、『銀の匙』を書き上げられ一旦は家族の介護などに集中されるようですが、引退というわけではなくご自身とご家族のペースで落ち着けば再開されるのではないでしょうか?

『銀の匙』休載だった理由と今後の活動は?

2019年8月に同誌で「このたび家族が体調を崩してしまいまして、そちらの療養をサポートするため執筆ペースを調整することにしました」と説明し「しばらく、かなりゆっくり掲載になりますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします」とメッセージを寄せながら不定期連載になることを説明していました。

「ここ数年で、旦那と子供と難病連発して、高額医療だ なんだ 書類だ 手続きだとバタバタしとったのですが、あらためて日本の保険制度ってすごいなと思いました。あと、献血行こうと思いました」とコメントを寄せている。

このことから現在、旦那様とお子さまお2人の介護をしつつお仕事をされていたようです。

2007年に第一子の男児を出産し、その後2011年に第二子を、2014年には第三子を出産されています。『鋼の錬金術師』連載中は妊娠中・出産後ともに一度も休載することもなかったと以前は『休載しない漫画家』としても有名でありました。

今後の活動などについても発表はされていません。

またサプライズ的『銀の匙』セカンド的な続編を望むファンも多いのではないでしょうか?

【銀の匙】最終話に対するファンの反応は?