タピ土器の販売個数や完売時刻は?通販サイトでも購入が可能!北海道大学の博物館が話題に!

7月19日から総合博物館の企画展「考古学からみた北大キャンパスの5000年」が始まりました。

そこで1500年の時を超えたコラボ【北大式土器×タピオカ】が実現され話題となっています。

今回はそんな今話題となっている【タピ土器】について気になる点をまとめていきたいと思います。

タピ土器の販売個数や完売時刻は?

今回の企画展を記念して、博物館内のカフェ「ぽらす」にて【土器に入ったタピオカドリンク】を期間・数量限定で販売しています。

器の土器は北海道大学などで出土した古墳時代の土器をモデルに作られたもので、その名も【タピ土器】です。

  • 価格:1杯1600円※土器持ち帰り可能です。
  • 期間:2019年7月19日~2019年9月29日まで

タピ土器の完売時間や、限定個数は?

特に販売個数の開示などを発見できませんでしたが、土器の器が1つ1つ手作りとなるので、器の入荷個数次第というのもありそうですね。やはり土日などは平日に比べて早い時間帯になくなるようですので、朝からお昼過ぎに行けば確実に【タピ土器】でタピ活ができると言えるでしょう。

タピ土器が通販サイトでも購入が可能!

北海道大学のカフェまで行けない。。。

でも自宅でタピ土器体験をしてみたいという方には朗報です!!!

北海道大学総合博物館ミュージアムショップ「ぽとろ」通販サイト

こちらで現在購入ができます。

土器に関しては障がい者就労支援事業所のいるば28の方々が1つ1つ手作りで作成しています。

手作りということなので、注文が殺到した場合は制作に時間がかかる恐れがあるので気になる人は早めに購入するのが良さそうですね。

タピ土器に対する世間の反応は?