松山智一の個展や作品は?通販サイトや購入方法についても。

ニューヨーク在住アーティストとして有名な松山智一さんが【情熱大陸】に出演されました。

選ばれし者だけが描ける壁画に挑み続けた14日間に密着したドキュメンタリーです。

今回はそんな松山智一さんの個展情報や作品など気になる点についてまとめていきたいと思います。

松山智一の個展や作品は?

今回情熱大陸で取り上げられたNYのバウリー壁画です12人のアシスタントさんと一緒に、巨大な壁と格闘中の様子をNY在住の方がYotubeにアップされていました。

Instagramはこちら☟

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tomokazu Matsuyama/ Matzuさん(@tomokazumatsuyama)がシェアした投稿

Facebookページはこちら☟

主な展覧会

  • Oh Magic Night(HOCA Foundation 香港/2017年)
  • The Sky Is The Limit (Harbour City 香港/2014年)
  • Palimpsest (ハーバード大学 ボストン/2013年)
  • Edo-POP (ジャパン・ソサエティー ニューヨーク/2013年)
  • New Works by Tomokazu Matsuyama (Mark Moore Gallery ロスアンゼルス/2012年)
  • Thousand Regards – Tomokazu Matsuyama (アメリカン大学美術館 Katzen Arts Center ワシントンD.C./2012年)
  • Future Is Always Bright (Frey Norris Gallery サンフランシスコ/2012年)
  • Redefine (Goss Michael Foundation ダラス/2012年)
  • We Are All One (New York Institute of Technology Gallery ニューヨーク/2011年)
  • Changing World Through Art (Haunch of Venison Gallery ニューヨーク/2011年)
  • untitled (Tibet House Gallery ニューヨーク/2011年)
  • Sugi-Pop! (Portsmouth Museum of Art ニューハンプシャー/2010年)
  • Draw (Museo De La Cludad de Mexico メキシコ/2010年)
  • Lost in Mutation: The Surreal in Contemporary Japanese Art (タフツ大学美術館 ボストン/2009年)
  • 眼差しと好奇心(Mizuma Art Gallery 東京/2008年)

日本での初の展覧会は2008年06月04日(水) – 06月28日(土)に中目黒、ミヅマ・アクションにてディレクター三潴末雄による若手作家中心のグループ展「眼差しと好奇心」Vol.4でした。

その後日本での個展などの活動はありませんでしたが、2018年4月29日~5月6日のGW期間中に10年ぶりに来日されていました。

今のところ日本での個展の予定などはないようですが、テレビ出演でさらに話題も集まったということで令和初の個展も開かれる可能性もありそうですね。今年に入ってからはNewsPicks のインタビューなどにも答えられています。

松山智一の作品の通販サイトや購入方法

コラボ作品なども多数

通販サイトや購入方法

今のところ国内では現代アート販売(通販)のタグボートさんで数点お取り扱いがありました。

価格帯は20万円~50万円ほどのようです。

松山智一国内販売サイト

日本での流通はかなり少なく、ニューヨークを拠点とする有名アーティストということで海外のコレクターの人などが直接購入したりしているケースが多そうですね。海外サイトでも販売はされていますが、かなり絵に詳しい人でないと本物か否かという点からも購入するのは難しいかと思います。

是非とも日本での個展兼販売会を開いて頂きたいですね。