昭恵夫人「天皇陛下・即位の儀式」の服装はドレスコード違反なのか?着回し?などツイッターでざわつき話題に。

「天皇陛下・即位の儀式」ということで、皇族の方はもちろん、各国の賓客の衣装などにも注目が集まっています。

そんな中、ツイッター上で、総理夫人・安倍昭恵さん(57)のドレスに指摘が相次いだのは、10月22日の午後のことです。

昭恵夫人「天皇陛下・即位の儀式」の服装はドレスコード違反なのか?

確かに福田康夫元首相の貴代子夫人は色留袖で、麻生太郎元首相のちか子夫人はローブモンタント、各国のファーストレディや賓客はロングドレスの中膝丈のドレスワンピースということで目立ってしまっています。

首相官邸がウェブサイトで発表している「即位礼正殿の儀の細目について」によれば、女性参列者のドレスコードは、「ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの」と指定されています。

周囲と調和されていないというのが今回の問題というか世間がざわついてしまった原因のようです。

昭恵夫人には公務員から選任された3人の「秘書」がいるはずです。こうした秘書が付いていなかった歴代総理夫人にも、外交などの場合に外務省からプロトコールを説明する担当者が付いていました。

今回は天皇陛下の最も重要なセレモニー。誰かがアドバイスを与えなかったのでしょうか。なお皇室では皇后陛下がまず色などをお決めになり、それを女官が下位の女性皇族に伝達。かぶさらないようになどと配慮します。

秘書はいったい何をしていたのでしょうか。

出典元:https://news.yahoo.co.jp/profile/author/azumiakiko/comments/posts/15717490904103.223e.23731

宮殿にまるで平安絵巻が再現されたような日本の伝統と歴史ある式であったので和服というのがベターだったのではないか?という意見が多数でした。

よく言えば節約ではありますが、「天皇陛下・即位の儀式」

2019年8月アフリカ開発会議の洋服と同じ?


安倍総理と並ぶとバランスが取れていて素敵なんですけどね。
「天皇陛下・即位の儀式」ではやはり浮いてしまっていますよね。

『台風の被災地に配慮して贅沢を控えた?』という声もありますが、『天皇陛下が即位されるという大事な儀式なのに、新調しなかったのか?』

この点に関しては国民は節約は望んでなかったようですね。

昭恵夫人「天皇陛下・即位の儀式」の服装はドレスに対するネットの反応は?