奇子の公演情報とチケット購入方法は?予約の開始はいつから?

パルコが手塚治虫生誕90周年記念事業の一環とし、手塚治虫氏の作品のなかでもとりわけ特異な位置付けである「奇子」の初舞台化に挑戦されています。

そちらの公演の主演にA.B.C-Zの五関晃一さんが大抜擢されました。7月19日から28日まで東京・紀伊國屋ホールで上演され(ほか水戸プレビュー公演、大阪公演あり)で主演を務めることが発表されました。

今回は公演情報とチケット購入方法について調査したいと思います。

A.B.C-Z五関晃一主演、奇子の公演情報

TOKYO◆紀伊國屋ホール公演

  • 期間:2019年7月19日(土)~2019年7月28日(日)
  • 入場料金:8,500円(全席指定・税込)
  • 一般発売日:未定
  • 上演時間:未定
  • 公演回数:14回
  • 収容人数:418人

MITO◆水戸芸術館ACM劇場<プレビュー公演> 

  • 期間:2019年7月14日 (日) ~2019年7月15日 (月) 
  • 入場料金=S席7,000円 A席6,000円 B席3,500円(全席指定・税込)
  • 公演回数:3回
  • 収容人数:320〜580席
  • 前売開始=未定

OSAKA◆サンケイホールブリーゼ 

  • 期間:2019年8月3日 (土) ~2019年8月4日 (日) 
  • 入場料金=8,500円(全席指定・税込)
  • 公演回数:3回
  • 収容人数:912人
  • 前売開始=未定

東京の紀伊國屋ホールに関しましては座席数が418席なので東京公演は14回なので418人×14回=5852人

水戸に関しては約500人×3=1500人

大阪にかんしては912人×3=2736人

3都市合わせて1万人の人がチケットを手に入れられるという計算ですね。

A.B.C-Z五関晃一主演、奇子のチケット購入方法は?

夏休み期間中ということもあり、かなりチケットが取りにくい状況が既に予想されますね。

東京公演

PARCOSTAGEがチケットの販売元なので下記のように記載もあるためPLAYチケット会員に事前に登録をお勧めします。

http://www.parco-play.com/web/member/

PLAYチケット会員の方は、パルコがプロデュースする最新公演のチケットを、一般販売前に先行販売でお求めいただけます。
また、先行販売に関するご案内をメールでお送りします。

水戸芸術館ACM劇場<プレビュー公演> 

サンケイホールブリーゼ 

水戸は劇場が管理し、大阪はキョウドーインフォメーションがチケット販売の管理をしております。

3都市ともまだチケットの発売日などの開示はされておりませんが、先に登録と先行予約を済ませておけば出遅れる事はなさそうですね。

 

今回の公演に関してはツイッターのつぶやきからも読み取れるように五関晃一さんのファンはもちろん有名演出家の中屋敷さんのファン、手塚治虫ファン、そしてすでに「奇子」を知っている世代は、演劇としてどのような作品になっているのだろう。っという人が多く、観たいという客層のは幅も広いため大人気の公演となりそうですね。

戦後の田舎社会を舞台に、少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな描写も巧みに取り入れた手塚治虫氏の「奇子」。演出はもちろん、出演者達の演技に関してもこれらかさらに話題となりそうですね。

また追加公演情報などもありましたら随時アップしたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です