みさき公園の今後の運営はどうなる?閉園してしまうのか?

1957(昭和32)年に南海電鉄創業70周年記念事業として開園した【みさき公園】ですが、南海電鉄は26日に大阪府岬町で遊園地と動物園を併設する「みさき公園」の事業から、2020年3月末をもって撤退すると発表しました。

同公園関係者は今回の決定に際し「いろいろ努力をしてきたつもりですが、このような結果となり残念な思いと無力感でいっぱいです」と話しています。同電鉄は「今後の同公園運営については、地元の岬町と協議していく」と発表しています。

さて、南海電鉄が撤退してしまうまで約1年のみさき公園ですが、今後の運営についてとても気になるところですね。このまま閉園?存続は可能なのか調査してみたいと思います。

みさき公園から撤退の理由とは?

今までの遊園地経営を振り返ると,電鉄企業が沿線開発の一環として遊園地をつくり,オーナーとして君臨していた時代が長く続いていました。

しかしながら少子化問題はもちろんですが、ディズニーリゾート,USJの二大テーマ・パークの日本進出によって,電鉄系遊園地は事業撤退に追い込まれているというのが要因の1つと考えられます。

特にUSJ開園後に閉園になってしまった関西の遊園地は沢山あります。

それに加えて長期にわたり営業損益の赤字が続いていました。

1987年からは大型レジャープール「ぷ~るらんどRiO」を開設するなどし1989年度には年間来場者が72万人を記録しています。

2017年度は約36万人となり年間来場者数は減少傾向が続いていました。

南海電鉄は、「みさき公園」事業から撤退するものの、同公園の今後については地元の岬町とも十分に協議していきたいとしています。

USJという外的要因を含めて、来場者の減少というのが1番の要因ですね。

USJ開園後閉園になった関西の遊園地

エキスポランド(吹田市)

2007年閉園

奈良ドリームランド(奈良市)

2006年8月31日に閉園

神戸ポートピアランド(神戸市)

2006年閉園

あやめ池遊園地(奈良市)

2004年6月6日に閉園

伏見桃山城キャッスルランド(京都市)

2003年閉園

宝塚ファミリーランド(宝塚市)

2003年閉園

甲子園阪神パーク(西宮市)

2003年閉園

子供が小さい時に連れて行きました。
南海電車系では、みさき公園、大阪さやま遊園。
阪急電車系では、宝塚ファミリーランド。
阪神電車系では、阪神パーク。
が無くなりましたね。
昔は大阪府内にも色々な遊園地がありましたが、時代の流れですかね。

2003年以降、こんなに沢山の遊園地が閉園していたんですね。こうやって並べて書いてみると子どもの頃に両親に連れて行ってもらった思い出ある遊園地もあるので懐かしくも閉園してしまったと思うと寂しい気持ちになりますね。

閉園の跡地はそれぞれことなりますが、大型ショピングモールになっているところが多いように思います。
小規模遊園地+複合商業施設として残してほしかったですね。

みさき公園の今後に対する世間の声

嫌だ。嫌だ。もっと行くから続けて欲しい。
プールありきの感じじゃなくすればいいのに。
維持も大変だと思うけど、すごく魅力のある施設だと思います

小さい子を持つ親からしたら、ここは聖地ですよ。
丁度いい遊園地。動物園もある。
小さい子からしたらここは最高の所です

存続して欲しいという気持ちが強いけれど、一方で経営が厳しいとなると撤退を考えなければならないのも理解できる。
どういう結末であれ、動物達が不幸にならないようにして欲しいです。

南海電鉄はあくまでも「みさき公園」の事業から撤退ということで「みさき公園が閉園」ということが確定ではまだありません。

2020年3月までのあと1年に岬町と協議を行うようですが、他の大手企業などに事業を買い取ってもらう方向で検討しているのではないでしょうか?

岬町自体が少子高齢化、財政難であるので、小規模に縮小しても岬町だけの運営は難しと思います。縮小するにしろ、形を変えるにしろ、どこか救いの手を差し伸べてくれる企業の存在は必要ですね。

みさき公園は「イルカーのショーはレベルが高い!」などの好評もありますし、沢山の動物達もいます。遊園地は無くなったとしても、みさき公園らしい、イルカノショーと動物園は存続して欲しいというのも私個人の意見であります。

2000年代に入り、どんどん遊園地が閉園していく中でGW,大型連休などUSJなどは観光客で混雑していても、みさき公園などの少し田舎にある遊園地が意外と穴場で貴重な場所であるので、小規模になれど、存続して欲しいですね。

また追記事項などあれば更新したいと思います。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

1 個のコメント

  • 今から約30年前に遊園地(游器具)を経営する会社に就職。
    当時は遠足のシーズンになると、観光バスが山のように駐車場に並び
    「観光バス1台で約40人と計算していて、15台来たら約600人の生徒さんで賑わう」って感じでバスから降りてくる生徒さんを見ていたものです。

    この当時から園長をしていたのが「岡」と言う人物で、まあー 誰からも好かれない園長・・・・
    例えて言うと、猿山のボス って感じで、出入りの業者も自分が気に入らないと出入りさせてもらえなかったり
    游器具が壊れて修理に来てもらうのに、園が休園日の時じゃないと入らせてもらえなかったり
    まあー あの手この手で委託業者に嫌がらせ三昧でしたね。
    (あっ みさき公園の中の乗り物は、一部を除いて委託業者が運営しています)

    その岡のワンマンに嫌気がさした大手の遊具会社は、早々に撤退・・・・賢い選択だと思うよ。
    なので、今では小学生も横を向く寂しい遊園地となってしまいました。

    昔のような形は古いかもしれないが、大型遊具は必要だとは思うのですけれどね・・・・・・

    粗を書けば山のように出てきますが、この岡のワンマン経営が尾を引き経営が悪化・・・・
    水族館もリニューアルして縮小したのも敗因の1つ
    プールランドも「ほぼ」日陰が無いのと、入園料+プール代を払わないとダメと言うのも敗因の1つ
    (プール専用の通路を作れば良いねん、園内に行きたい人は別途金払えばいい)
    こんな事も分からないできない園長やで・・・・・
    トイレも洋式では無くて和式(当時 正面ゲートの近くに有るトイレは汲み取り式トイレ)

    観覧車のペンキ塗りをしていた業者が挟まれ死亡
    ドルフィンと言う回転式のジェットコースターの上から従業員が飛び降り・・・><
    アライグマに指を噛みちぎられた女性の話は他の人から聞きましたね。
    まあー 表沙汰になっていない事故や事件とか山のように出てきますよ。

    今 働いている人達なんか可愛そうなもんですよ
    先の見通しが全くないのですから・・・・・・
    おっちゃんとか おばちゃんが運転しているような遊園地
    逆に言うと、メチャ怖い・・・・・
    「動いたら はいokですから」
    動いたらOKじゃなくて、きちんと仕業点検しろ と言いたいね。

    この乗り物安心・安全?と思って乗ったらアカンよ
    疑いの目で乗り物と係員見ないと・・・・
    ほんまに大丈夫かよ って。

    最後に みさき公園の再建ですが
    大手の游器具の会社は怒って撤退しているので、再度游器具を置く事はないはずです。
    (かなりの権力者が頭下げに行かないと無理だろうな~)
    今のみさき公園のシステムを180度変えて、駅から公園の正面までアーケード作るとかしまして
    雨に濡れないようにするとか・・・・・
    お客さん目線で物事考えないとアカンやろ と
    例えば、水族館から山の上の観覧車に車椅子で行けますか?
    答えはNOです
    一度 正面ゲートまで戻ってきて山の上まで坂を押していかないと行けません・・・・
    (途中 ゲームコーナーの建物を利用しての近道もありますが、階段でございます・・・・)
    強引に車椅子を持ち上げて・・・と言う強者もいましたが
    全く車椅子の人に対して優しくない遊園地でございます。

    こう言う客の目線で何も改善しないのですから、寂れていくのは当然でしょう・・・・・。
    寂れた「みさき公園駅」に急行とか臨時の電車を止まらせるのは如何なものかと思いますけれどね。
    各停の「普通」に格下げで良いやん と思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です