「写真の瞳に映っていた景色」から住所や個人情報を特定した事件が発生。SNSに投稿する時の注意点や対策についても

アイドルとして活動する女性を自宅前で待ち構え、暴行をしたとしてファンの男が起訴されました。
男性は驚きの方法で女性の自宅のある地域を特定したといいます。

それは「写真の瞳に映っていた景色」だったということです。

今回はこちらの事件から日々できる防犯対策などについてもまとめていきたいと思います。

「写真の瞳に映っていた景色」から個人情報を特定した事件が発生。

SNSやネットにあふれる画像ですが、撮った場所が特定されないよう気を付けている人もいるはずです。
しかし、瞳には景色や看板などが映っている場合があります。これを悪用した男が今回逮捕・起訴されました。


容疑者の男性は瞳に映った駅を特定し、待ち伏せしました。タオルで目などをふさいで引き倒したとされます。また、女性が配信した動画のカーテンの位置や光の差し込み方で部屋の位置も分かっていたといいます。

かなりの分析力のある容疑者ではありますが、知識は使いようで今回悪用されていますが、頭の良い人ならここまで特定できてしまうということが今回の事件で分かったのではないでしょうか?

SNSに投稿する時の注意点についても

写真データにはExif(イグジフ)と呼ばれる、カメラの設定や撮影日時に関する情報を記録した領域があります。大変便利な情報ではありますが誤った使い方をすると個人情報がダダ漏れになってしまう危険性があります。

EXIFとは?

EXIFは、デジタルカメラで撮影された写真に、撮影時のさまざまな情報(メタデータ)を埋め込んで保存するための画像ファイルのフォーマットです。 Exchangeable Image File Formatの略で、日本語ではEXIF(イグジフ)と呼ばれます。

最近のデジカメやスマホは全てEXIFに対応しており、 撮影された画像にはEXIF情報が埋め込まれています。 EXIF情報には撮影日時や使用機種(カメラ名)などの他に、シャッター速度や絞り、ISO感度など撮影時のカメラの設定が記録され、 スマートフォンなどのGPSに対応している機種では撮影場所の経度や緯度、高度なども記録されます。 また、撮影した画像を縮小したサムネイル画像も埋め込まれています。

EXIF情報には様々なデータが含まれているため、 他の人が撮影した写真の撮影時の設定などを参考にしたり、自分が撮影した写真を後から見直したりするのに大いに役立てることができます。

一方で、インターネット上に画像を公開する場合には、意図せず他人に個人情報を公開してしまうことにもなりかねないので注意が必要です。 特にGPS情報が埋め込まれている場合は緯度・経度の情報から住所を特定することもできてしまうため、 それが公開して良いものかどうかを良く確認し、公開したくない場合は画像ソフトなどでEXIF情報を削除する必要があります。

twitterやfacebookなどのSNSサイトでは、現在では個人情報保護のため、画像投稿時に自動でEXIF情報が削除されるようになっていますが、 ブログではそのまま公開される場合が多いようです。 また写真共有サイトなどは逆に投稿された画像のEXIF情報を表示する機能が付いている場合も多く、 撮影時の設定などを参考にできるようになっています。

出典元:http://exif-check.org/

EXIF確認君

スマホで撮影する写真に位置情報をつけない設定方法

【iPhoneの場合】
「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」で「カメラ」を「オフ」にする

【Androidの場合】
カメラアプリを開く→メニュー→設定→「GPS」タグを「オフ」にする

データ分析、解析などが得意な人からすると、EXIFがついたままですとそこから個人情報を炙り出されてしまう可能性が非常に高いということなので、しっかりとこの点は認識して先に設定と対策をしておきましょう。

「写真の瞳に映っていた景色」のような場合の対策は?

現在は加工アプリなどで撮影されることが多いと思いますので、その際は黒目やでか目加工がされているので瞳に余計なものが映りにくくなっているかと思います。

今回の被害者の方のように明らかに瞳に鮮明に映り込んでしまった場合などは、撮影の後に瞳部分にのみ加工を施すなどの対策が必要となってくるのかと思われます。

SNSが普及し、アイドルなどは自撮りなど当たり前のようにアップするご時世ではありますが、ネットの普及とともにそれに関連した犯罪も増えていることを認識した上で細心の注意を払ってSNSを活用する必要が今後大切です。

瞳に映った景色から特定に対する世間の反応は?

ネットの声
画質が良すぎるのも問題だな
ネットの声
ドラマ「TWO WEEKS」では瞳に映る画像を解析して拉致監禁されてる場所を特定していたけど、

そんなことが、警察でもない一般の人で可能なのかと驚きました。

特殊な解析をしたわけでもなく、自分でストリートビューをひたすら見まくって探し当てたなんて、凄いけど超怖い。

ネットの声
ストリートビューは便利な時もあるが、色々とプライバシーに問題がありすぎるから禁止にしてもらいたい。これがいいヒントになってしまったので同じ事するやつが出てくると思うが、流行りのカラコンも景色が映りやすいだろうし、超高画質の写真を載せるのは気を付けたほうがいい。