チャーリー・デフランチェスコの経歴やプロフィールは?マーク・ジェイコブズの結婚相手。

世界的な有名デザイナーのマーク・ジェイコブス氏(Marc Jacobs)がニューヨーク現地時間6日かねてから交際していたモデルでキャンドルメーカーのチャーリー・デフランチェスコ氏(Charly Defrancesco)と結婚いたしました。すでに2018年4月4日に婚約はしていたんですね。

マークは彼の誕生日に、米メキシカンレストラン・チェーンのチポトレ(CHIPOTLE)で、フラッシュモブを仕込んでサプライズプロポーズ。インスタグラムに2人が投稿した動画では、フラッシュモブの後にマークがデフランチェスコの足元にひざまずいてプロポーズしている様子が確認できます。

マークジェイコブズは女性の方ならわりとご存知の方も多いのではないでしょうか?デザイナーの恋愛事情はあまり知りませんでしたが、結婚されたお相手は男性だったんですね!!!

ちょっと驚きでしたが、2015年6月26日、アメリカの連邦最高裁判所は、同性婚を認める判断を示しており、これによって事実上、全米で同性婚が合法化されているんですね。

今回は世界的有名デザイナーであるマーク・ジェイコブス氏と結婚したチャーリー・デフランチェスコ氏について調査したいと思います。

チャーリー・デフランチェスコの経歴とプロフィール

  • 名前:チャーリー・デフランチェスコ
  • 誕生日:4月4日
  • 出身:スイス
  • 家系:イタリア
  • 大学:UCLA

カリフォルニアで育ち、祖母は実際には(ハリウッドの)黄金時代の女優でした。母と父はローザンヌで寄宿学校を所有し、結婚、チャーリー・デフランチェスコが3歳の時に離婚したため、LAに戻りました。クリスマスと夏にはスイスで過ごすという幼少期だったようです。

UCLAで政治学を学んだ後はショップをオープンしたり、ニューヨークではモデルの仕事をしたり、LAに戻ってバーテンダーを経て、SNSの写真がきっかけで人気が出てインテリアデザインをするようになったそうです。

その後マークと出会い、フレグランスキャンドルのブランド「リット(LIT)」を手がけている他、モデルとしても活躍し、ネットフリックス(NETFLIX)のドラマ「センス8(SENSE8)」にも出演しています。

LIT オンラインショップ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Get Lit

Get Litさん(@getlitbychar)がシェアした投稿 –

 

マーク・ジェイコブスの過去の恋人

2009年にブラジル人広告代理店経営者のロレンツォ・マルトーネ(Lorenzo Martone)と挙式したが、10年に破局。

12年からはブラジル人ポルノ俳優のハリー・ルイス(Harry Louis)と交際していたが、16年に破局した。

その後現在のパートナーであるチャーリー・デフランチェスコ氏との交際が始まって今に至るようですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Je t’aime. 💘✨ @themarcjacobs and @chardefrancesco at the #SoShameless party in Paris with #MarcJacobsBeauty, @thelovemagazine and @sephorafrance celebrating the launch Shameless foundation.

Marc Jacobs Beautyさん(@marcjacobsbeauty)がシェアした投稿 –

ちょうど1年でゴールインしたお2人です。 身内だけのささやかな挙式の後、ふたりはニューヨーク市内にある人気レストランThe Grilを貸切り、親しい友人を招いてのレセプションパーティを催しました。

その会場には、ナオミ・キャンベルエミリー・ラタコウスキー、ジジ&ベラのハディット姉妹、カイア・ガーバーら新旧のモデルを始め、『VOGUE』編集長のアナ・ウィンター、スタイリストのレイチェル・ゾー、さらにはエンタテイメント界からもベット・ミドラー、ジャスティン・セロー、クロエ・セヴィニー、クリスティーナ・リッチ、リタ・オラらが祝福に駆け付けた。 ふたりはこの日、揃ってエメラルドグリーンのタキシードスーツに身を包み、レセプション会場を前に熱烈なキスを交わしている。

マークはさらに、自身のInstagramでもチャーリーとお揃いの結婚指輪とペンギンのピンを披露し、フォロワーからも祝福の声が届いているようです。

現在、日本ではまだ同性婚は認められていないですが、アメリカのように多様性を認め同性婚ができる社会になるといいですね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です