エテュセはリニューアルでどう変わる?新旧の違いは?販売終了の商品についても

株式会社 エテュセが展開する化粧品ブランド「エテュセ」は、誕生から30年目を迎える2020年に新たなコンセプトのもと、デザイン、コミュニケーション、商品ラインナップを刷新すると発表されました。

第一弾として、ポイントメイク商品を2020年3月26日(木)に発売予定です。

その一方で販売を終了する商品もあり、愛用者から悲痛の声も届いています。

今回は新しいブランドコンセプトや新商品、また廃盤の商品についてまとめていきたいと思います。

エテュセはリニューアルでどう変わる?新旧の違いは?

今までのエテュセのブランドコンセプトは?

フランス語で「et tu sais?=ネ、ネ、知ってる?」という意味

思わず誰かに伝えたくなる「カワイイけれどスグレモノ」を楽しみながらキレイになれる毎日のため肌悩みをコスメで解決し、笑顔に導きます。

出典元:エテュセ公式サイト

ニキビやテカリ、毛穴の悩みなどそれぞれの肌の悩みに寄り添いながら、楽しめるコスメブランドというイメージでした。

値段もお手頃なのでティーンから20代で使っている人が多かったのではないでしょうか?

リニューアル後のエテュセのブランドコンセプトは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

エテュセ 公式アカウント(@ettusaisjp)がシェアした投稿

エテュセは、自分らしく自然体でおしゃれなライフスタイルを送る20代女性に向けたブランドに生まれ変わります。

出典元:PRTIMES

 

旧:お肌の悩みを解決するメイク

      ☟

新:自然体でお洒落なライフスタイルのメイク

20代のライフスタイルに寄り添ったブランドにイメージチェンジするようです。

お肌に悩みがある方で使用していた人も多いので今回のリニューアルでファン層は変化しそうですね。

エテュセの新パッケージやロゴは?

ロゴは以前と同じデザインのようです。

今回パッケージに関してはアートディレクターに「吉田 ユニ」さんが起用されて、シンプルかつ洗練されたデザインとなっています。

現行の商品は平林奈緒美さんがディレクションをされています。

吉田 ユニ
アートディレクター/グラフィックデザイナー

1980年生まれ。女子美術大学卒業後、大貫デザイン入社。
宇宙カントリーを経て2007年に独立。広告、CDジャケット、映像、装丁など幅広い分野で活動中。
主な仕事に、ラフォーレ原宿、LUMINE、KIRIN、野田秀樹演出舞台「THE BEE」「桜の森の満開の下」ビジュアル、Charaや木村カエラ、星野源のCDアートワーク、渡辺直美プロデュースのブランドPUNYUSのアートディレクション等。雑誌「装苑」でも連載を手がける。2016年東京ADC賞受賞。

出典元:PRTIMES

吉田ユニさんのデザインが好きという方も多いのでパッケージの反応は『オシャレ!』『楽しみ♡』という声が多いようです。

エテュセの3月に販売を終了する商品は?

出典元:エテュセ公式サイト

  • リップエッセンス aa
  • リップエッセンス(ディープモイスト)a
  • 薬用リップエッセンス a
  • 美束ボリュームマスカラ
  • パーフェクトセパレートマスカラ
  • シャドウライナー (BR1/BR2/RD1)
  • カラーリングアイブローN a (ブラウン/イエローブラウン/レッドブラウン) ※代替品予定あり
  • ジューシーリップジェル (PK1/PK2/PK3/RD1/RD2)
  • バリアエッセンス
  • ハーバルUVジェリー
  • 薬用スキンバージョンアップ クリーミーソープ
  • 薬用スキンバージョンアップ マスク
  • 薬用アクネ クリアスポッツ スーペリアa
  • 薬用アクネ ポアケアローション (ミスト)
  • 薬用アクネ ジェントルメークオフ
  • ディープクリアクレイ
  • Pケアウォッシュ N
  • プレミアム アミノホットクレンジング
  • プレミアム 薬用 アミノアイセラム
  • プレミアム CCアミノクリーム (PK/BE)
  • プレミアム CCルースパウダー (PK/BE)
  • プレミアム ルミナスパウダー
  • プレミアム パーフェクトクリアコンシーラー

沢山の廃盤なので、愛用者にとっては悲しい発表ですね。

ブランドコンセプトもお肌のお悩みを解消というコンセプトではなくなってしまったので、薬用やアクネケアの商品は今後リニューアルで再販される可能性は低いかもしれませんね。

ネットの反応は?