大坂なおみの新コーチの経歴と実績は?弟はセリーナウィリアムズのコーチ?!

後任のコーチが誰になるのか注目されている中、女子テニスの大坂なおみが28日(日本時間)、ツイッターとインスタグラムを更新し、新しいコーチとしてジャーメイン・ジェンキンス氏(米国)が加入したことを発表した。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naomi Osaka 大坂なおみさん(@naomiosakatennis)がシェアした投稿

 

大坂はジェンキンス氏ら4人で撮影した写真とともに「チームと夕食を共にしました。この機会に、ジャーメインが私たちのチームに参加してくれること、一緒に闘ってくれることになったことに感謝します」と伝えた。
 

大坂は今月11日に、2017年末から指導を受けていたサーシャ・バイン氏とのコーチ契約解消を発表し、後任が注目されていた。バイン氏は元世界1位のセリーナ・ウィリアムズの練習相手を務めていた。

ジェンキンス氏は2015年7月からビーナス・ウィリアムズのヒッティングパートナーを務めていた。ビーナスは元世界ランク1位で、パワフルなプレーで知られる。

今回はそんな大坂なおみ選手の新コーチであるジャーメイン・ジェンキンスのキャリアや経歴について記事にしたいと思います。

ジャーメイン・ジェンキンス氏のプロフィールと経歴について

名前:Jermaine Jenkins(ジャーメイン・ジェンキンス)
年齢:34歳
出身:アメリカフロリダ州
学歴:クレムソン大学 – ビジネス行動科学科

ジェンキンス氏は2015年7月からヴィーナスウィリアムズのコーチを務めてきました。
この期間中にヴィーナスウィリアムズは全豪オープンおよびウィンブルドンのシングル決勝に到達し、世界で第5位にランクしておいます。またゴンザレスオースティンとジャーマージェンキンス、セリーナウィリアムズのパートナーとして務めている弟の指導にもしていました。

2019年1月にはUSTAプレーヤーディベロップメントの女性テニスのナショナルコーチとして採用されたことを発表もされています。

弟のジャーマージェンキンスはセリーナウィリアムズのコーチだった。

兄:Jermaine Jenkinss(ジャーメイン・ジェンキンス)姉:VenusWilliams(ヴィーナスウィリアムズ)のコーチ

弟:Jarmere Jenkins(ジャーマー・ジェンキンス)妹:Serena  Williams(セリーナウィリアムズ)のコーチ

ということで兄弟そろってウィリアムズ姉妹のコーチをされていました。

兄弟写真はこちら↓

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jarmere Jenkinsさん(@jarmere)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jermaine Jenkinsさん(@jarmaij)がシェアした投稿

お互いのインスタグラムに度々タグ付けされていることから兄弟の仲の良さが伝わってきます。

 

ジャーメイン・ジェンキンス氏は結婚している?子どもは?

彼のインスタグラムを覗いてみたところ奥様との仲睦まじい夫婦写真が見つかりました。

家族を大切にされている姿が素敵ですね。子どもに関しては現在インスタグラムやSNSではアップされていなかったので

子どもは現在はいないということだと思います。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jermaine Jenkinsさん(@jarmaij)がシェアした投稿

ボランティアで子ども達にテニスの指導もされています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jermaine Jenkinsさん(@jarmaij)がシェアした投稿

こういった家族や子ども達を大切にする姿からもジャーメイン・ジェンキンス氏のお人柄が垣間見れますね。

ジャーメイン・ジェンキンス氏の着任についてのまとめ

以前大坂なおみ選手の2重国籍問題という話題があり、米国テニス協会(USTA)が彼女に猛烈なアプローチを仕掛けているという情報がありましたが、もしかするとこの事だったのでしょうか?

大坂なおみ選手はアメリカ代表?日本代表?どちらでで東京五輪に出場するのかどうかという問題です。

現在の日本の法律上日本代表として東京五輪出場をめざすためには、2019年の誕生日である10月16日(22歳)になるまでに、日本国籍を取得するという決断が必要です。

生活拠点が米国かつ現在も米国の恵まれた環境で練習を重ね、かつコーチも今回米国テニス協会(USTA)のナショナルコーチであるジャーメイン・ジェンキンス氏が就任

彼女の才能は米国という環境があってからこそという環境になってしまいました。
期日に対して苦渋の決断をしなければならない日が刻一刻と迫ってきています。

コーチの交代など2019年はまた大坂なおみ選手にとって精神的にも選手としても成長の1年となりそうな予感がします。

そんな状況ではありますが、大坂選手の新コーチとして3月6日に開幕するBNPパリバ・オープン(米カリフォルニア州インディアンウェルズ)で連覇を目指し、良い結果を残していって欲しいですね。 

五輪出場問題については少しきになりますが、全力でこれからの大坂選手を応援したいと思います。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です