なつぞら天陽の死因や病名は?何の病気?134話で亡くなり天陽ロスの声相次ぐ。

NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の第134話が3日に放送されました。

そして天陽くんと親しまれていた俳優の吉沢亮(25)が好演した画家・山田天陽が36年の短い生涯に幕を閉じたのであります。

ヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)が恋心を抱き、絵心を教えられるなど、なつの人生に多大な影響を与えた人気キャラクターの最期に、インターネット上は号泣とショックの嵐。そして瞬く間に“天陽ロス”が広がっています。

なつぞら天陽の死因や病名は?何の病気?

山田天陽の実在モデルである神田日勝さんについて調べてみると神田日勝さんについて書かれた本に死因について書かれていました。

(1970年)8月25日午後6時25分、神田日勝は帰らぬ人となった。死因は腎盂炎による敗血症だった。32歳と8カ月の短い生涯であった。

鈴木正實『神田日勝 ―北辺のリアリスト―』(北海道新聞社/1997年)P.142|Amazon.co.jp

まさに実在モデルの神田日勝と同様に天陽君も亡くなってしまい、そこまで忠実に再現しなくても。。。っという声も多数ありました。

盂腎炎とは?

腎臓に細菌が感染する病気です。腎臓でつくられた尿は、腎盂(腎臓内の尿のたまるところ)、尿管を経て膀胱に溜められ、尿道から排出されます。 この尿の通り道である尿路は本来菌がいませんが、細菌が侵入し感染した場合を尿路感染症といいます。

 

なつぞら天陽ロスの声