常滑焼タヌキの盗んだ犯人や犯行の理由はなぜ?盗難品の転売の可能性などについても

愛らしい「たぬきの置物」が、相次いで盗まれる事件が起きていたことがわかりました。

「たぬきの置物」といえば滋賀県の信楽焼を思い浮かべる方も多いと思いますが。今回、盗まれたの愛知県の常滑焼です。

現在捜査中ということですが、今回の盗難事件についてまとめていきたいと思います。

常滑焼タヌキの盗んだ犯人や犯行の理由はなぜ?

は11月8日、常滑市の「やきもの散歩道」で、店先などに置いてあったタヌキの置物がなくなっていることに、店員らが気付いたようす。

 

信楽焼を扱っている朝ドラの『スカーレット』がきっかけで、たぬきの置物の人気が高まっているといいます。

実際にお問合せも増えてきている矢先の出来事だったということです。

盗難品の転売の可能性などについても

狙われた理由としては「常滑焼のたぬき」を手がける職人がほとんどいなくなり、希少価値の高い常滑焼を狙った犯行だったかもしれません。

ネット通販などでは以前に比べて取締も厳しくなっているのえ骨董品屋などに持ち込みしているのではないでしょうか?

メルカリなどをみてもタヌキの置物の出品数自体はそこまで多くないので、持ち主の方がみれば一目瞭然す。

ネットの反応は?