【オーストラリア森林火災】コアラの支援や募金?日本語サイトや簡単にできる寄付についても

オーストラリアでは2019年9月ごろから南東部を中心とした大規模な森林火災が続いており、年を越してもなおも山火事の被害が深刻化しているオーストラリアです。

その焼失面積が500万ヘクタール以上にも及びこれは九州と四国を合わせた面積にほぼ相当し、昨年の南米アマゾンの森林火災のおよそ5倍に匹敵します。

これまでのところ23人が死亡、1,500軒以上の建物が焼けたと伝えられています。

動物への犠牲も甚大なものとなっています。

ニューサウスウェールズ州のミッドノースコーストと呼ばれるエリアでは、その地域の全コアラの30%に当たる、8,000頭が焼死した可能性があるようです。

出典元:yahoo news

コアラは危急種に指定されており、なんとかコアラを守ろうという活動や募金が呼びかけられています。

オーストラリアの山火事事の支援やコアラ募金の方法は?

オーストラリア赤十字社

前澤友作さんもTwitterで拡散しているオーストラリア赤十字社です。

インスタグラムのアカウントからもリンクすることができ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Australian Red Cross Victoria(@redcrossau_vic)がシェアした投稿

コアラのマーチからコアラ募金

LOTTE コアラ基金公式サイト

Wildlife Rescue

オーストラリアで最大の野生動物救護団体です。

 

世界自然保護基金

ポートマッコリーコアラ病院

現時点では全て日本語で完結するサイトなどはありませんでした。

英語ではわかりにくい、不安といった方も多いようですが、Chromeウェブページを翻訳が簡単にできます。
海外サイトにアクセスします。⇒画面下部示される翻訳後の言語をタップして選択するだけで簡単に日本語表示となります。

※海外のサイトでの安全性などが気になる方はこちらでURLを入れてチェックする方法もあります。
scamadviser.com

海外サイトへのアクセスなどが気になる方は状で一番簡単にできる方法としてはロッテの公式HPにあるコアラ基金かと思われます。

オーストラリア現地メデイアが報じるコアラの現状は?

オーストラリア動物園によると、生息地の破壊によって個体数が激減し、残ったコアラはわずか約4万匹から10万匹程度にとどまる。

森林火災や生息地の森林伐採、犬による襲撃、交通事故に加え、コアラは米国と欧州の毛皮取引のために、250万匹以上が殺されてきた。

今では国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでコアラは危急種に指定されている。

「コアラの野生の個体は重大な絶滅の危険にさらされており、保護を必要とする」とオーストラリア動物園は強調した。

出典元:CNN