小泉道之助(小泉進次郎長男)名前の由来は?読み方や姓名判断についても

小泉進次郎環境相とフリーアナウンサーの滝川クリステルさん夫妻が、1月17日に誕生した長男に「道之助」君と名付けたことが5日発表されました。

姓名判断や字画や名前の由来について気になる点についてまとめていきたいと思います。

小泉道之助(小泉進次郎長男)名前の由来は?

滝川クリステルさんと小泉進次郎さんの長男である道之助君の画像はこちらです。

出産後に初めてInstagramを更新し、愛犬のアリスが寄り添っている微笑ましい写真を投稿されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

滝川クリステル(@christeltakigawa)がシェアした投稿

名前については5日に公表されました。

「道」の由来は?

進次郎氏の育ての親で、父・純一郎元首相の姉、故・道子さんから一字を取ったという。関係者が5日、明らかにした。

出典元:産経新聞

育ての母である道子さんに関してはこちら☟

小泉道子(小泉進次郎の育ての母)はどんな人?性格や顏画像は?家系図についても

2020年2月6日

「之」の文字の持つ意味?

また「之」は、一歩一歩「まっすぐに歩みを進める」の意味を持っています。

赤ちゃんの一日一日の成長を重ねると様々なイメージが生まれていきます。

「全進」「力強い成長」「可能性の広がり」「積極的」など様々な前向きのイメージが連想できますね。

これからの力強い成長もこけられて之という字を使われたのではないでしょうか?

「助」の文字の持つ意味は?

助という漢字は「助」「介」「輔」など様々な感じがありますが、政治的な背景で見てみると文字の持つ意味としては下記のようです。

次官=「すけ」だけを(おおざっぱに)みていくと、
●官(神祇官)→「副」
●省(大蔵省など)→「輔」
●職・坊(右京職など)→「亮」
●寮(内蔵寮など)→「助」
●司・監・署(織部司など)→「佑」
●六衛府(左衛門府など)→「佐」
●諸使(検非違使)→「佐」
●諸使(弾正台)→「弼」
●大宰府→「弐」
●国司(大和・山城など)→「介」

出典元:Yahoo 知恵袋

 
※内蔵寮【くらりょう・くらのつかさ】
大宝令(りょう)で定められた官位の一つ。次官。長官の補佐・代理をする。
律令制において、中務省(なかつかさしょう)に属し、天皇および皇室の財産・宝物の管理、日常用品の調達・供進などを行った役所。
いずれも「すけ」で、長官(守など)を補佐する役職になります。
 

他には「進之助」の名前も検討していたようです。

小泉道之助の読み方や姓名判断についても

小泉道之助の字画については?

小泉道之助の読み方は?

音読みでも訓読みでも可能ですが、(どうのすけ)ではなく(みちのすけ)と読むようです。

先月誕生した長男を「道之助(みちのすけ)」ちゃんと命名したことが分かった。関係者が5日、明らかにした。小泉氏が考案し、クリステルさんも賛同したという。

出典元:JIJI.COM

小泉道之助の名前に対するネットの反応は?