首里城の火災の出火の原因は自然発火?放火?再建や復元されるのか?復興費用の寄付や義援金についても。

那覇市にある世界遺産の首里城で火災が発生し、正殿と北殿が全焼しました。現在も消火活動が続いています。

さて、今回の首里城の出火の原因や再建や復元されるのかなど、気になる点についてもまとめていきたいと思います。

首里城の火災の出火の原因は自然発火?放火?

31日午前2時41分、警備会社から首里城の火災報知器で火災を確認したとして消防に電話があったようです。

首里城の正殿が全焼して崩れ落ちてしまったほか、北殿も全焼し、南殿もほぼ全焼したということです。

出火元は正殿とみられていますが、出火原因などはわかっていないようです。

『近くで子どもが火遊びをしたのを見た』という情報もTwitterにはありますが、人的な場合の情報の拡散は現在SNSでのデマの拡散や関係のない人の個人の特定につながり兼ねないので自粛が必要ですね。

一部情報では27日から始まっている「首里城祭」のイベントの準備のため、30日の遅い時間まで作業をしていたという情報もありますが、火災との因果関係は分かっていません。

幸いこの火事でけが人の情報は確認されていません。

首里城はまた再建されるのか?

首里城の歴史や再建について

1992年に再建されたレプリカが今回燃えてしまった首里城です。

今回で5回目の焼失になります。

よって、沖縄のシンボルということもありますので、ひとまず消火活動と状況が落ち着けば、再建についても検討される見通しが高いと思われます。

首里城の火災に対する寄付や義援金は?

現在は公式には募金・寄付金、義援金の提供先などは開示されておりません。

詐欺などのサイトも出てくる可能性もありますので、沖縄市や政府から公式な情報が発表されるまで、様子をみるというのが現在のところ一番良いかと思われます。

確かに、今すぐ何かしたいという人は那覇市へのふるさと納税などが今できることなのかもしれません。

※追記:早速政府も国会内でも協議を始める意向を示しています。

首里城の火災による世間の反応は?